身近な驚異2010/12/07 21:00

ふだん当たり前のものとして見逃しているものも、注意深く観察すると、意外な発見がある。
間作の小麦の発芽
小麦の発芽
小麦は草木でいうならば草である。硬い木ならば何も不思議はないのだが、柔らかな草の芽が、粘土質の硬い地面を割って発芽している。見れば見るほど驚異だ。ありふれた光景がだが、どうしてこんなことが可能になるのか・・・そういえば「石割桜」なんていうのが歌の文句にあった。木ならば石をも砕くのだ。

天候:曇り、時々晴れ 気温:8℃-16℃
作業時間:10:00-12:30
ドラム缶コンロ、ストーブといった方が適当か・・・の手入れ
サビが出たドラム缶コンロ
熱で塗装が剥げてしまったところに雨が当たりサビが出てしまった。友人が作ってくれたものを粗末にしたくない。安いコーン・サラダ油があるのでサビ止めにしてみた。よく手入れされたフライパンのようになってくれるとよいのだが。
植物油を塗ったドラム缶コンロ
何度か使う度に塗り重ねれば光沢が出てきそうだ。

麦踏1回目
麦踏
本葉が3、4枚になってきたので、思い切って麦踏。初めてのことなので恐る恐る麦の上に乗っていく。
麦踏の後の畑
あと1回は2月に予定している。

来春のジャガイモの準備
来春のジャガイモの準備
サトイモを収穫した後しばらく放っておいた畝にジャガイモを作付ける準備をした。サトイモは堆肥置き場に移動。そのため、少し残っている堆肥を必要になりそうな畝に米ぬかとともに投入している。
シートの天日干し
ついでに使用済みの堆肥を覆っていたシートを天日に干す。

観察:
イチゴ3株に再び花が咲いている。
イチゴの花
10月に購入した小さな苗にも蕾が見える。
イチゴの蕾
イチゴの苗は56株あるので、これら3株が春に実をつけなくても大きな影響はなさそうなので、年末のイチゴを楽しむことにする。エンバクが北風を遮り陽だまりになって暖かそうだ。

タマネギの様子
タマネギの様子
自分で育苗した苗は無事に生長しているようだ。小さめの苗だったが、採取してすぐに植え付けたので活着の状態が良好のようだ。苗がしっかり立っている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://climaxgarden.asablo.jp/blog/2010/12/07/5564795/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。