雑草と野草2010/10/09 19:09

雑草と野草との間に定義上異なる点があるのか、辞書(大辞林)で調べてみた。
雑草:人間が栽培する作物や草花以外の、いろいろの草。田畑・庭園・路傍・造林地などに侵入して、よくはびこる。多数の帰化植物が含まれる。
野草:山野に生える草。

ほぼ同じものと考えていたが、まったく意味が違う。一方が人工的立地にのみ生育するもの、もう一方が自然にのみ生育するもの。同じ植物でも、その生育する場所で、違った呼び方がされる。
辞書ではなく、<「日本の植生」宮脇昭編p.108>には、もう少し詳しく述べられている:・・・作物以上に適応し、しかもはるかに生活力も繁殖力も強い植物が侵入している。これが<雑草>である。雑草を生態学的に定義すれば、耕作地などのように人間によってつくられた立地、つまり、”変化しやすい人為的に不安定立地に生育する、人間が目的としない植物の特殊な1群”ということができる。
<p.112>雑草のふるさと
雑草は、人間が定住して自然を開発し、農耕地を管理するようになってから、そこに繁茂するようになったものである。
それでは、人間が農耕をする以前には、雑草はどこに生育していたのであろうか。雑草の自然のふるさとは、たえず新しい土砂や有機物が蓄積する山足部や、1年に何回か、大水であらい流される河原のはんらん(氾濫)原である。

イチゴの周囲にはカタバミがびっしり生えている。
イチゴとカキツバタ
カタバミが密生しているところには、他の雑草がほとんど生えていない。
カタバミをイチゴのバンカープランツとするならば、人間の目的となったカタバミは「雑草」ではなくなる。このような例を他に探すと、ハコベ、ヨモギ、ギシギシ、スベリヒユ、カラスノエンドウなどが候補に挙げられそうだ。
こうした関係を一般化できれば、雑草が自然に抑制され、作物とバンカープランツによる<安定群落の庭園=Climax Garden>の実現に一歩近づけそうだ。
畑でなく庭園としているのは、畑を潤いのない野菜工場にしたくないためだ。見た目も楽しめる草花をバンカープランツとして考えている。
雑草の繁茂を防ぐもう1つの手段は、土壌に変化を与えないことだろう。つまり、耕さない。

出会い2010/06/01 21:18

"Whole Earth Catalog"(リンク一覧)と"Weeds Guardians of the Soil"(参考書)と「植物と人間」宮脇昭(NHKブックス)との出会いがなければ、"Climax Garden"という発想はなかった。
"Whole Earth Catalog"は新聞の書評欄で見つけたものを銀座のイエナ書店でやっとの思いで手に入た。その書籍案内欄に掲載されていた"Weeds Guardians of the Soil"始めとするする書物を何冊か丸善で注文し、手に入ったのがこの1冊だけだったのである
"weed"も"grass"も草には違いないのですが、"grass"は芝生に代表されるように、人間に有益な、あるいは、不快感を抱かせない「草」を意味し、"weed"はそれとは対照的な意味合いをもっている。「雑草」、生えているだけで邪魔な存在で、目の敵にされるのは洋の東西を問わないようだ。
しかし、"Weeds Guardians of the Soil"では、西欧の雑草=悪という先入観にとらわれていないアメリカ原住民の目から見た「雑草」と人間の関係が描かれていたように思う。
トウモロコシ畑やジャガイモ畑に雑草が生えていても目の敵にしない。むしろ、雑草によっては互いに助け合う関係がある、と主張しているのである。
現在ならば「コンパニオン・プランツ」とか「バンカー・プランツ」という言葉は農業者の間では広く知れているので、何ら目新しさはないが、およそ40年前、有吉佐和子の「複合汚染」、もっと古くはレイチェル・カーソンの「沈黙の春」などで農薬と環境問題が取り上げられ始めた頃には、雑草と作物の共生関係が大きく取り上げられることはなく、まったく新鮮だった。
一方、宮脇昭氏は神域の「鎮守の森」にこそ元々日本にあった植生がそのまま残される、「鎮守の森」に行けばその土地の原植生を見られる、と言う。
有史以来変わらない森は極相=安定群落を形成しているからこそ存在し続けている。シラカシ林を例にとれば、シラカシが頂点にいるのだが、シラカシが枯れてしまっても、シラカシは再生する。一方、シラカシ林の周辺部に生える草や潅木が失われてしまうと、シラカシ林は枯れてしまう、という。
自然界の人間にとって都合のよいものだけ残す、という農業や林業のあり方への警笛とも取れる内容のこれらの書物に触れたことで、農業への関心を深めていたものの40年間、農業とは疎遠になっていた。

若い同志2010/05/30 17:23

たいそうな題名をつけてしまいました。文字通りの意味で、農業について志を同じくするもの、といったところでしょうか。私の200坪ほどの狭い農園には定期的にお手伝いをしてくれる人たちが数人います。
今日は、大学院で生物の研究をしているKMさん。いつもは銀行勤めのMSさんも一緒なのですが、仕事の都合で来られないので1人でいくつもの農作業をしてもらいました。
climax garden=安定群落庭(農)園の趣旨をよく理解されて参加してくれている力強い同志です。
最初はこの時期が一番きつい除草です。KMさんとMSさんが黒豆を栽培している畝を中心に草を刈ってもらいました。鎌を使った除草は今日が初めてとのこと。
除草

トウモロコシを間引きして1株ずつ残します。
大きくなったトウモロコシ

ゴーヤのネット張り。最初は支柱を立て。
ゴーヤの支柱
支柱を立てた後はネット張り
ゴーヤのネット
点検し、ぐらつく箇所は補強します。
支柱の補強
ゴーヤの苗の植え付け「ここでいいかな・・・」
ゴーヤの植え付け
植付の後は水遣りして活着を助けます。
苗に水遣り
四阿(あずまや)の中から見るとこんな感じです。
四阿の中から

次はハーブ類の種蒔きです。9時半から始めてすでに3時間以上経過していますが、休憩も入れず続けます。
ローマン・カモミール、ディル、レモンバーム、ローズマリー、バジル、マリーゴールドなど・・・成長し花が開いたときのことを想像しながら、四阿の周囲に種を蒔いてもらいました。あとイタリアンパセリも蒔いてもらいましたっけ?

途中、雨水の貯水用風呂桶の移動などの力仕事も手伝ってもらい助かりました。KMさん、腰は痛くありませんか?

収穫してもらうつもりでしたが、隣のHさんから持ちきれないほどの野菜をもらって、収穫どころではなかったですね。KMさん、今日は長い時間お手伝いありがとうございました。
用事があって来られなかったMSさん、カボチャの苗は育ちましたか?早く植え付けしたいですね。次回もハーブの種蒔きをします。では、お待ちしています。