これも農作業2017/02/14 13:12

接収予定地に大型重機が入った。明日から工事が始まる
接収予定地
白菜を覆っていたこの防虫ネットを片付けるだけだ。あと長くて2年もすれば残る北側の畑も明け渡すことになる。それまでの間に新しい畑に移動する準備をする必要がある。これまでのように時間をかけて土作りをする農業は諦めざるをえない。
2012年4月下旬のほぼ同じ場所
2,012年の畑
スギナだらけだったが、すっかり畑らしくなってきた矢先の移動。
これからも無農薬、無化学肥料は続けるが、有機資材を使いながら比較的短期間にどのような畑の土作りができるかいろいろ確かめてみたい。
酵母液45リットル
酵母液作り
2月10日、20リットルの水に2kgの砂糖を加え10%の砂糖液を作り、5リットルの酵母液を加えて仕込んだ酵母液。2日後にフタを開けると、気温が低いにもかかわらず甘いアルコール臭が漂う。これに水20リットルと砂糖2kgを加えた。
2月10日田んぼに米ヌカ散布
田んぼに米ヌカ散布
昨年、米ヌカでボカシ肥を作った時にこの酵母液を加えたところ、発酵が促進されよい肥料ができた。今回は田んぼに散布した米ヌカに酵母液を散布してその効果を確かめたい。新しい畑には馬糞堆肥を入れた。そちらにも米ヌカと酵母液を投入する計画。地に足をつけ時間をかけて土作りをする余裕はなくなった。耕うん機も使う。
これは隣の畑のIさんも事情は同じ。農作業にはバイクで来ていて農業資材の運搬に何か工夫が必要になった。
一輪車の二輪化
一輪車の二輪化
流石に元技術者、ノーパンクダイヤ1つの購入費を含めて3,000円ほどで完成させてしまった。
二輪車
この畑から新しい畑まで歩くと10分弱かかる。そこで安定性に欠ける一輪車を二輪にしてバイクで曳く魂胆らしい。あとは接続部分のヒッチを工夫するだけだが、どう解決するのか。
農閑期で土いじりはないが、春からの農作業の準備ですることはいくらでもある。
本日の運動:ストレッチとアシュタンガヨガ=   SuryaNamaskara(太陽礼拝)からTriangaMukhaikapada Paschimottanasana    
トゥリアンガ(三角) ムカ(顔) イーカ(1) パーダ(脚) パスチモッタナアサナ)まで。
水泳の本格的復帰は来月になりそうだ。

天候:晴れ      気温:-0.7℃-8.1

田んぼにマルチ2017/02/03 13:28

今年最初の稲作の準備。昨年までの面積当たりの米の収量は反当たり120kg・2俵ほどで、大家さんの忠告通り
田んぼの無施肥のままでは十分な収量にならない。といって窒素肥料を過剰に与えれば「いもち病」などの発生の心配がある。農薬(農業用毒薬)だけは使いたくない。
稲ワラでマルチング(敷きワラ)
田んぼに敷き藁
取っておいた稲ワラを押し切りで刻む。時間がかかる手作業だ。今後は基本的に農作業は半日で切り上げるつもりだ。とすると、この作業に3日間はかかりそうだ。
刻み稲ワラを均等に散布してマルチ(敷きワラ)する。さらに米ヌカを撒いた後に酵母液を投入して米ヌカの発酵を促す。
適当な時期に耕うん機を使い浅く耕うんして稲ワラなどを鋤き込むのが当面の予定。
米ヌカや刻み稲ワラを餌に有用土壌微生物が増殖して土壌を豊かにしてくれる、というのが目論見だ。田んぼに水は入るまでは好気性微生物、水が入ってからは嫌気性微生物
米ヌカあれば乳酸菌が増殖してつよい殺菌力を発揮してくれる。森の落ち葉でできた腐葉土には放線菌、これらは抗生物質など殺菌力の強い物質を生み出してくれるが、福島原発事故で飛散した放射性物質が森の腐葉土に多く蓄積されているため、安易には使えない。今年は間に合わないが、いずれ放射性物質の飛散が少なかった地域の森の腐葉土を少しでも投入したい。

本日の運動:ストレッチとアシュタンガヨガの「太陽礼拝」(スーリヤナマスカーラ)から「戦士のポーズ」(ヴィラバトラアーサナ)までが復活
咳はほぼ止まり、回復してきたが、心臓の働きはまだ十分回復していないようだ。その上体力がすっかり落ちている。水泳は今月下旬から再開を予定している。

天候:晴れ      気温:-0.9℃-11.9

加工品作り2017/01/28 13:48

長期間に渡る不摂生で回復に時間がかかる。無理をすれば再び体調が悪化してしまう。といって家でじっとしていたのでは時間を持て余す。
数日前にレモン1つを収穫した。
初収穫したレモン
このレモンと冷凍したままになっていたイチゴでジャムを作る。
自家栽培のレモンとイチゴ
銅鍋で30分ほど煮るとジャムができた。
イチゴジャムを煮る
レモンはペクチンの補給分として果汁とともに皮も入れる。レモンのペクチンが効いて適度にとろみのあるジャムができた。自分では格別に旨いと思うが、試食した友人のKさんは売っているのと同じ味という。
ゴボウを乾燥
これからしばらく晴天が続きそうなので、ゴボウを干して「ごぼう茶」に。

本日の運動:ストレッチとスーリヤナマスカーラA
半年間無理を重ねていたとすれば、回復にはその半分の3ヶ月の休養が最低限必要か。だとすればあと1ヶ月間回復を待たねばならない。北里病院で処方された抗アレルギー剤が効果的だが、心臓の働きが弱っていて一気に回復とはいかない。血中酸素濃度は94しかない。

天候:晴れ     気温:1.9℃-14.8

とうとう工事が始まった2017/01/13 20:53

座架依橋より少し下流にあたるこの辺りでは、現在ある堤防から川面までの高低差は20mはある。本当に切迫した必要性があるのか疑われるが、役所が一旦決めたことに後戻りはない。上流に相模湖や津久井湖ができてから水位が下がり、標高の低い河口付近を除けば水が堤防を越えて溢れ出したというのは聞いたことがない。
4日前
小さなユンボ
用地買収が完了している辺りに小さなユンボが見えた。近づいてみると中に人がいて休憩しているようだ。大規模な工事を始めるにしては小さい。一部で栽培ている葉物が踏み潰されている。元地主が自主的に撤去しているのか。
2日前
大きなユンボ2台
先日の小さなユンボが消えて新たに2台の大型ユンボが作業をしている。立て看板にあるように、大型重機で3月15日までに背後のケヤキ林を撤去しながらこの区域の堤防工事を完了させるらしい。
そして今日
大型除草機
大型除草機が走り回りあっという間に一面を覆っていたクズが取り除かれていく。
圃場中央通路、市道でもあるらしい。
圃場中央通路
この通路の南(右)側までが今回の工事範囲に入っている。ここまで買収が済んでいないと思っていたのは楽観だった。キャベツ、カリフラワー、ハクサイ、キヌサヤ、スナップエンドウなどが植わっている。
今日はキャベツとカリフラワーを通路北側の畑に移植。
もう鍬一本で、などと悠長なことは言っていられない。昨年末に購入した耕運機の試運転を兼ねて畝作り。
耕運機の試運転を兼ねて
耕作面積が減るというのに耕運機導入を余儀なくされるのは皮肉だ。せっかくなので管理機として使ってみる。ロータリを逆転させてアクセルを吹かすと左右に土を跳ね上げ畝ができていく。耕運機の扱いに慣れていないため直進が難しい。
キャベツ、カリフラワーの移植完了
2時間ほどでキャベツとカリフラワー合わせて90株ほどの移植と保温用のトンネル掛けが終わる。

本日の運動:ストレッチと
      スーリヤナマスカーラ(太陽礼拝)Aを3回
      これ以上はまだ咳き込んでしまう。

天候:晴れ      気温:11.4℃-0.6

レモンが色づき始める2016/12/28 18:46

2012年9月に挿し木したレモン
挿し木したレモン
冬には零下4度まで気温が下がる畑では寒さに弱いレモンは、ワラ囲いなどで対策しても冬越しできないおそれがある。枝を数本切り挿し木にした。すべて活着したが生き残っているのは3株だけになってしまった。親のレモンの木はワラ囲いしたものの2年目の冬に枯れてしまった。
黄色く色づき始めたレモン
黄色く色づき始めたレモン
南側ベランダで鉢植えにしたレモンの背丈が1.5mを超えた3年前から実をつけるようなったが落果ばかり。今年も期待しないでいたが、落果せずいつのまにか店頭で見かけるほどの大きさになっていた。色づき始めて2週間が経つ。

本日の運動:ヨガ
      
天候:晴れ      気温:8.6℃-1.4