冬越し野菜栽培は難しい2010/11/01 22:00

タマネギに始まった冬越し野菜栽培だが、今日のソラマメ、エンドウマメの種蒔きで一段落ついた。
最初に蒔いたタマネギの苗は1/5も残っていない。2度目に播種した苗は順調に育っているものの、植え付け時期に適度な大きさまで生長してくれるのか、なかなか気が抜けない。
タマネギの苗
今日播種したソラマメやエンドウマメも冬越しには、適度に生長した苗が必要なようだ。大き過ぎても小さ過ぎても寒さにやられてしまう様だ。
11月の気温次第で生育状況は左右される。平年より気温が高めに推移するのではないかと、11月半ばに播種するつもりでいたが、このところの気温の低下で11月は平年並みの気温と判断した。

天候:曇り  気温:14℃-22℃
作業時間:10:30-12:30
虫取り:ヨトウムシの姿が消えて、青虫とコナガの幼虫が増えてきた。丹念に見つけて取り除く。コシャリが効くのは気温が24℃以下の環境でヨトウムシにだけだ。

ソラマメ(河内一寸そら豆)播種
株間45cmで1条、5株
ソラマメの播種
あと5株分播種したいが場所の確保がなかなかできない。

エンドウマメ(つる有スナック・えんどう)播種
株間30cmで1条、10株分を点蒔き
エンドウマメの播種
8、9月にハワイ土産のキュウリを栽培した畝を使った。栽培期間が短く、収穫も僅かだったので施肥した肥料分はほとんど残っているはずだ。

今日の黒豆と栗カボチャ2010/06/26 19:31

やはり梅雨です。晴天は続きません。昨日、今日でジャガイモの半分を収穫しました。これからしばらくの間、天候はぐずつきそうです。正解でした。

KMさんとMSさんが夕方に来る予定だったので、収穫を待とうか、迷いましたが、ポツリポツリ雨が降り始めましたので、収穫を済ませてしまいました。

黒豆と栗カボチャの様子をお知らせします。
黒豆、とても順調です。
黒豆
株は大きいですが、葉ボケしていません。花をたくさん咲かせていたので、実もたくさん付きそうです。KMさんが丹念に草取りをしてくれたので、通路はきれいですね。

MSさんが育苗した栗カボチャ
栗カボチャと黒豆とオクラ
葉が一部黄色くなっていますが、ウリハムシの食害でしょう。奥が今日植えた丸オクラの苗です。自家採取した種を育苗したものです。左側が黒豆、こちらは緑がきれいです。
栗カボチャ、まだ小さいですね・・・
栗カボチャとエンバクと自生のカボチャ
エンバクと自生のカボチャの勢いがよすぎて圧倒されていますが、やがて誘引に困るほど生長してくるでしょう。

フルーツトマト(レッドオーレ)
赤く色づいてきたフルーツトマト
赤く色づいたトマト、あと一息です。

ナス(千両2号)
ナス(千両2号)
ナスはいろいろ料理法があって、様々な楽しみ方ができます。煮てよし、焼いてよし、揚げてよし、漬けてよし・・・
加茂ナス
加茂ナスの丸い実
やはり田楽がいいなー

カボチャとインゲン、その他の様子2010/06/20 21:19

昨日の朝までまとまった雨が降りましたが、降り続くことがなく、晴れ間も見えて野菜の生育にはよい天気でした。
しかし、風が強いのでトウモロコシなど背の高い野菜が心配です。
育苗期間が長く大きな花まで開いていたカボチャですが、この天気のおかげで何とか活着しそうです。
カボチャ
拡大するとこんな感じです。
カボチャ(拡大)
色もいいし、萎れてもいません。

こちらは日除けも兼ねたインゲン。
インゲンの花と実
花と実がついています。インゲンのレシピをさがしておかないと・・・思いつくのは天ぷらと胡麻和えぐらいしかない・・・

畑の風除けに東西畝に植えたトウモロコシ=ピーターコーン
ピーターコーン
今日も強い南風に煽られていますが、しっかり雄穂を出しています。こちらは取立てを生かじりにしますか・・・

トマトの脇に植えたラッカセイ。順調なようです。昨年はピーナッツバターを作りました。それにしても草の勢いがよいので
ラッカセイ
ちょっと畑に寄って様子を見るつもりだったのですが、いつのまにか草取りに熱中していました。嫌いではありません。通路の草は大きくなるのを待ってマルチにします。

ダイズにネット2010/06/07 19:46

1週間前に種を蒔いたダイズが発芽する前にネット張ってしまうつもりでいた。
三田の畑にはYKさんがすで作業を始めていて、ダイズのほとんどが発芽し双葉がしっかり開いている、と言う。
ダイズの発芽
昨日、今日発芽したわけではなさそうだ。
一方、一緒に蒔いたアズキはほとんど発芽していない。
アズキの畝
同じ豆類でもこれほど差がでるとは・・・
気温が平年並みになり、土に指を入れると暖かい。これでは発芽していても当然か・・・幸い鳥の被害には遭っていない。
ダイズ畝のネット
9m×18mのネットをダイズの畝に広げた。ここでネット掛けは種蒔きと同時にすべきだったことに気づいた。ネットの細い糸が双葉に絡み付いて、何株ものダイズの双葉を引きちぎってしまった。
中央に高い支柱を立て今後の除草などの作業をしやすくしたが、ちょっとしたことでネットが身体のあちこちに絡むので、まだ工夫が必要のようだ。
今日の午後、サツマイモの苗がやっとJAから届いたとの連絡があったので、明日も三田に出かけることになった。サツマイモ苗の植え付け済ませた後、ネットの調整をしてみよう。

大豆と小豆2010/05/31 19:37

座間と厚木の三田に畑があります。三田は少し遠いので、共同で管理しているYKさん任せになっていました。YKさんの家からは歩いて5分ぐらいしかかからない、こともありますが・・・
四阿(あずまや)が完成し時間に余裕ができたので、予定していたダイズ(中生三河島枝豆)とアズキ(早生小豆)の種を蒔くことにしました。

三田の畑を南側から、手前がダイズの畝。
三田の畑
1人では畝作りがやっとだったかもしれません。農業に取り組むようになると、助け合うことがいかに大事か実感します。1人+1人は常に2人分以上の力になります。

豆類の施肥には注意が必要なようです。YKさんのトマトが徒長ぎみなので、窒素分は多いようです。1ヶ月ほど前に石灰は散布してあるので、畝を立てるだけで、種蒔きの準備は完了です。
ダイズの種蒔き
ダイズの播種
アズキの種蒔き
アズキの播種
手前がアズキの畝、奥がダイズの畝
アズキとダイズの畝

粘土質の座間の畑とは異なり、黒ボク土の三田の畑は土が団粒化しているのか軟らかく、畝作りは比べものにならないくらい楽でした。
畝作り
周囲を木立が囲み強い風もないので、野菜作りには最適な場所です。面積もこちらの方が少し広いようです。問題はやがて伸びてくる座間荻野線の延長線上にあるので、あと1、2年の期限付きということです。悩んでみても仕方ない、利用できる間は利用させてもらうしかありません。
ダイズは畝長8m、株間20cm、畝間60cmで5畝、アズキは畝長6m、株間40cm、畝間60cmで5畝。家庭菜園規模としてはかなり大量です。

ダイズは味噌、豆腐、納豆作りを考えています。アズキは小豆餡が好きなので、豊作ならば水羊羹作りなどもしてみたい・・・これでもケーキ作りが趣味なのですが、コレステロール値が高いので・・・少しだけ無難な和菓子へシフトしようかと考えています。