米の次は芋2017/10/30 17:46

2回めの脱穀作業が終わり、精米所に頼んでいた籾摺りが済んで玄米を受け取ってきた。稲作に参加してくれた仲間に分配すれば稲作は来春まで農閑期になる。
しかし、サツマイモやサトイモなどイモ類の収穫が待っている。
今日は、サツマイモの試し掘り。
サツマイモの試し掘り
苗の生育が遅れて、植え付けは6月下旬から。芋の肥大が心配だったが、探り掘りをしてみると半分はちょうどよい大きさに育っていた。
昨日までの雨でぬかるむ畑で収穫した芋は泥だらけ。貯めてある雨水で洗うと、それぞれ種類の芋の特徴である肌の色が鮮やかに現れてくる。
収穫したサツマイモ
左から金時芋、安納芋、紫芋。安納芋は小さなものばかりで、収穫にはまだ早いようだ。育っていても大きな割れが入っていて出来もよくなさそうだ。
金時芋と紫芋は形も大きさもちょうどよい。霜が降りるまで弦を切らない探り堀りで労力がかかるが、まだ小さな芋の生長をぎりぎりまで待ちたい。
収穫を終えて立ち上がろうとすると腰に痛みが走った。幸いギックリ腰のような痛みは出なかったが、違和感は残る。長雨ばかりで身体が鈍っているはずなのに配慮がなかった。これから腰に負担がかかるサトイモ掘りもある。ゆっくりやることにしよう。
それに、これまで相棒はKさん1人だったが、もう1人Yさんが加わり忙しい時は3人での作業になる。

天候:晴れ      温度:20.3℃-8.7℃

脱穀作業が終わる2017/10/27 18:13

モミが十分乾く間もなく脱穀作業を済ませてしまった。せめて一昨日が雨でなければと思うが、これだけは思い通りというわけにいかない。明日からまた雨模様な上に台風の接近も気になる。
今日はスポーツクラブの水泳とヨガの仲間に無農薬野菜栽培の仲間で総勢7人。
脱穀作業
足踏み脱穀機で脱穀したモミを隣の唐箕でゴミ取り。9時半から作業を始め1時過ぎに終了。ハーベスターという動力付き脱穀機を使えば1人で1時間もかからない代わりに仲間が集う機会はなくなる。便利を追求すれば、人との繋がりが希薄になる。面倒で大変でも過度な機械化はできるだけ避けたい。

天候:晴れ     温度:8.5℃-20.9℃
今朝、最低気温が10℃以下の8.5℃を記録している。そろそろ霜が降りそうな気配だ。それにしても早い。霜に当たれば枯れてしまうジャガイモの生育がまだ十分ではないのが気がかりだ。

稲架掛けの無事を確認2017/10/23 13:05

夜中に急に強まった風の音で目が覚めた。超大型台風の直撃を覚悟していたが、風の唸りが激しくなるに連れて稲架掛けの補強を十分できていたのか不安になる。しかし、暴風が吹き荒れたのは意外に短時間だった。
朝食をたっぷり取ってから、9時半過ぎに田んぼへ。稲架掛け台が倒れていれば掛け直しに半日かかる。
しかし杞憂だった。
台風一過の田んぼ
稲架掛けは無事だった。
台風直撃による突風は想像ほど強くなかったのだろうか。
新しい畑に移動してネギ畑の様子を見ると
ネギ畑
長ネギが倒れてしまっている。強風に煽られたのだろう。
活着した長ネギ
1週間前には長ネギは苗が活着し直立し始めていた
これ以外に被害らしきものは見当たらない。それでも強風が吹き荒れたのは確かなようだ。
畑からの帰宅途中の田んぼ
台風で倒れた稲架掛け
稲架掛けが倒れている。もう昼だというのに見回りに来ないのか…耕作者の高齢化で稲作の担い手が急に減ってきているため、農協が委託栽培している田んぼが多いが、稲架掛けによる天日干しは委託された田んぼではないのだろう。

天候:曇りのち晴れ     温度:21.8℃-12.6℃

台風襲来に備える2017/10/22 12:02

新たな田んぼで2回めの稲刈りを終えたのが10月4日。
2回めの稲刈り
その後、晴れ間が見えても稲が十分乾く間もなく雨が続いた。
そんな中、11日と12日の2日間晴天が続いたので1回目の稲刈りの分の脱穀作業を行った。
11日、晴れの予報だったが曇っていて寒かった。
脱穀作業
足踏み脱穀機では時間がかかると思っていたが、人手があったこともあって半日で作業が終わった。

12日、暖かい晴天。昨日の寒さから想像できない暖かさで、カメラのレンズが汗で曇ってしまったようだ。
唐箕がけ
脱穀作業に慣れてワラなどのゴミが少なく唐箕がけがはかどりこれも半日で完了。夏の天候異常で収量がひどく少ない。それにモミの充実が今ひとつ。

台風21号が強い勢力を保ったまま関東を直撃する恐れがあることが朝の天気予報でわかった。稲架掛けしたままの稲が心配だ。瞬間風速50m/sの突風で鉄製の稲架掛け台が倒れてしまう可能性は十分ある。
衆議院選挙の投票を終えたその足で田んぼへ向かった。
脱穀を待つ稲
雨で濡れた稲
長雨でたっぷり水分を吸った稲。気温が高ければ稲「キヌヒカリ」は発芽する可能性もあると言われたが、兆しはなかった。
水分を吸った稲は重く、稲架掛け台の重心が高くなったため少し不安定になっているようだ。手で押すと頼りない。
台風対策
稲刈りの後片付ける間もなく放置してあった稲架掛け台の支柱やパイプを使い安定させた。

天候:雨     温度:16.5℃-19.9℃

畑が向こうからやって来た2017/09/21 17:50

体調を崩したまま年が明けて間もなく、畑明け渡しの通告をされた。あらかじめ予告されていたので、心構えはできていたはずだが、落胆は予想以上だった。
その後、原因不明の体調不良からまったく回復できないこともあって、米作り以外はどこか投げやりになっていた。
5月に知り合いからの誘いで野口種苗社長の講演会に出席して大いに触発されたものの、それを実践する場=畑が奪われてしまっては何もならない。

9月19日
5人の応援で最低3日間を予定していた稲刈りが1日で終わった。その終了間際に稲架掛け台を提供してくれた近所の農家の方が来て、手付かずの畑300坪=1反(約1000㎡)があることを告げられた。まだ確約が得られたわけではないが、先日に友人の紹介で100坪(300㎡)弱の畑を借りることができているので、在来種の継続的栽培に希望が出てきた。

1回目の稲刈り
1回目の稲刈り
大きな田んぼではないが、それでも5畝(500㎡)弱の広さがある。1人で手刈りならば1週間はかかる稲刈りが5人の応援を得て1日で終了してしまった。

掛け干しして2日の稲。
稲の掛け干し
例年、梅雨入りする6月10日頃に田植えして、収穫は10月上旬から中旬にかけてだったが、今年はそれより1ヶ月近く早い。

2回めの収穫を待つ稲
2回めの収穫を待つ稲2種
右側はこれまで4年に渡って栽培してきた「キヌヒカリ」、左側は苗が足りず近所の農家に融通してもらった新品種「ハルミ」。周囲の田んぼでは農協からの勧めがあったのか、ほとんどが「キヌヒカリ」から「ハルミ」に転作。理由は「キヌヒカリ」に夏の高温による白濁米が出るようになったことらしい。
しかし、「ハルミ」のモミの表面が「キヌヒカリ」に比べると明らかに白っぽく、これが白濁米になる兆候なのか。結果によっては「ハルミ」への転作を考えたが、味のよい「キヌヒカリ」の栽培を続けることになりそうだ。

9月21日 
ニンニク播種
ニンニク定植
落花生収穫跡にニンニク3種(ジャンボ・ニンニク、無臭ニンニク、ニンニク)。播種後に馬糞堆肥、米ヌカ、草木灰でマルチ。明日、さらに刈草をマルチに追加。

天候:晴れ     気温:17.8℃-27.8℃