ニンニク収穫2018/05/24 12:39

ニンニクの茎が黄ばんできた。収穫時だ。
種用に残した無臭ニンニク
種用の無臭ニンニク
一定の大きさ以上のニンニクは販売に回し、運営資金に。
イチゴ狩りに来た元農業関連団体職員にニンニクを進呈したところ「どんな肥料だとこのように育つのか」と問われ「草木灰と米ヌカを散布して厚く草マルチしただけ」と応えた。肥料なしに野菜が育つのが信じられないらしかった。とはいえ、ここでタマネギがまともに育ったのは昨年のみ。
自家用のニンニク
自家用のニンニク
小さなものは醤油漬けに。
ジャンボ・ニンニク
ジャンボニンニク
ジャンボ・ニンニクの茎はまだ青々としている。収穫は6月に入ってからになりそう。

天候:晴れ    気温:17.3℃-27.0℃
午後になって突然の雨。日が差しているいるため雷鳴が響くまで気づかなかった。

腰痛で中断していたアシュタンガヨガを再開して驚いた。柔軟性が増しただけでなく、アーサナをつなぐビンヤサで行うジャンプスルーで腰痛の誘発を恐れていたが、杞憂だった。ここまで軽やかに両腕の間から両膝を伸ばしたままの脚が抜けてしまうのは初めてのことだった。
古希を目前にした老人には、運動量が多く激しいアシュタンガヨガは無理なのかと腹をくくり始めていたのに、さらなる進歩とは…「天網恢々疎にして漏らさず」天は見ていないようで何もかもお見通し…ヨガを通じて人生で初めて生活に宗教的な習慣が身につき始めた。ヨガを自分の意志で止めてしまう選択肢はないようだ。

雨の前にのつもりだったが2018/05/23 12:41

今朝のウェザーニューズの予報では雨は午後になってからに変わっていた。では、その前にズッキーニとスイートコーンを植え付けることに。完熟のボカシ肥を散布し耕うんしながら鋤き込む。
ズッキーニ12株定植
ズッキーニ定植
ウリハムシ避けのネット

スイートコーン(ピーターコーン)40株定植
スイートコーン定植
いつになく発芽率が悪く30%、床土が悪かったのか。10時過ぎから雨が降り出す。雨の多い5月だった。
家のベランダでも畑でも顔の周囲を蚊がうるさくつきまとう。夏の訪れが近い。

天候:曇のち雨    気温:15.1℃-20.2℃

再び田んぼの耕うん2018/05/22 15:06

4月上旬には、これが田植え前の最後の耕うんのつもりだったが、1ヶ月半でヒエなどの雑草が目立ち始めた。さらに今年の田植えに保育園児を含む家族連れが20名くらい参加することになった。これで少しでも田植えがしやすくなれば楽しんでもらえるだろう。年寄りが目立つ田んぼ賑わうのが楽しみだ。
5月21日
耕うん1日目
田んぼの耕うん
畦周囲や駐車スペースが草に埋もれている。
Kさんが田んぼの耕うんしている間に、畦周りの除草。
5月22日
耕うん2日目
田んぼの耕うん
2日で1反(1000㎡)、3馬力ほどの小型耕運機ではこれが精一杯。
田植えが初めてという家族連れのために雑草が目立つ苗代から稲苗を選別しておかなければならない。

明日の午後から雨の予報、イチゴの収穫は今日が最後になりそうだ。昼食を我慢してイチゴ狩り。
イチゴの砂糖漬け
イチゴの砂糖漬け
ほぼ半世紀前、訪れたノールウェー北部の町・バルドゥの家庭でもてなされたのがベリー(木苺)の砂糖漬けに生クリームをかけたものだった。1日1ドルの厳しい旅の今も忘れられぬ思い出の味だ。早く訪れる冬にそなえて森で収穫したベリー類を砂糖漬け保存して長く続く冬の食卓に彩りを添えるらしい。
冷蔵庫も冷凍庫もイチゴを入れる余地がない。かなり大目の砂糖につけておいても、この暖かさでは数日すれば発酵が始まる。それまではこのままヨーグルトのソースに。発酵が始まれば火を入れてイチゴ・ソースに。

天候:晴れ     気温:13.9℃-25.4℃

夕方から、2週間ぶりにアシュタンガヨガを再開。ヨガの基本である呼吸=プラーナヤーマとバンダ(エネルギー漏出防止のための=かんぬき)に導かれるように進めていくと、痛みもなく腰痛発症前より柔軟性が増しているのに驚いた。心配だった最後のアーサナ、シルシャアーサナ=前腕と頭頂による倒立も問題なかった。蓮華座で片鼻ずつ交互呼吸のナディ・ショダーナが終ると久しぶりの爽快感。

どうにか腰痛から解放される2018/05/20 17:27

まだ50歳を越えたばかりの頃、突然の腰痛で職場近くの形成外科で診察を受けた。その診断結果はレントゲン写真を見ながら、椎間板が僅かに潰れているからだろうということだった。原因は老化とのこと。素人目からするとどこが潰れているのかまったくわからず納得がいかなかった。湿布薬を処方され痛みが治まるのをじっと待った。
現在でも腰痛は原因不明なものが80%以上に登るらしい。よほどの専門医でも診断は困難であるらしい。それではと自分の症状に該当するものがないものか探してみると、「仙腸関節由来の腰痛」というのがあった。学術論文なのでいい加減な当てずっぽうではないだろうと読み進んでいくと、何もかもが自分の症状とピタリと符合する。自分でできる治療法も記載されていた。
さっそく月曜日から金曜日まで中1日の休養日を除いて4日間、腰にゴムチューブを巻き骨盤を固定し散歩に出た。こうしていると腸骨と仙骨のズレが修正され回復につながるらしい。いずれにしろ、腰痛は痛いからとじっとしていると悪化することが多いという。午前中の農作業の分を入れて1日平均1万5千歩を歩いた。相模川沿いの河岸段丘を登ったり下ったり、1日目は少々辛かったものの日を追って回復してくるのは驚きであり、快感でもあった。

ラッカセイ2種発芽
ラッカセイ発芽
画像は普通の大きさのラッカセイ(千葉半立)、数年前に種を提供してくれたKさんに品種を確かめると「ナカテユタカ」ではなく「千葉半立」だと知らされた。ジャンボラッカセイ「オオマサリ」も順調に発芽しているが、ここでもスギナの勢いがすごい。

5月17日
サツマイモ3種の発芽が揃う
サツマイモ3種の発芽が揃う
紫芋(左側)は一番早く発芽し生長も順調だ。そろそろ苗が採れそうだ。中央の安納芋、右側の金時芋はまだ発芽したばかり。植え付けまでまだ1ヶ月近くかかりそうだが、そこまで待てない。
この日は疲労感が強いので散歩を休みにしてイチゴソース作り。
イチゴソース作り
今年はペクチン豊富なレモンが実っていないので、イチゴソースにした。ヨーグルトに合わせるのでこれで十分だ。

天候:晴れ     気温:13.2℃-21.4℃
昨日までとはうって変わって北風が肌寒さを感じさせるが、清々しい五月空が広がる。
清々しい五月空
果樹園南側を望む

痛みで気力が削がれる2018/05/13 15:49

昨年6月、腰痛に悩まされながらの田植えで苦しんだ。以来、心を入れ替えアシュタンガヨガに取り組むようになった。それが功を奏したのか、50代後半から度々悩まされてきた腰痛からすっかり解放されていた。それが雨続き後の先週火曜日の朝食前にふと立ち上がろうとした瞬間、腰に嫌な痛みが広がった。
1昨年末から4ヶ月間体調を崩し、持て余す時間を有効に使うべく中国語とスペイン語の勉強を始めほぼ毎日続けてきた。それが先週から中断したままだ。
強くはないが途絶えることない痛みにすっかり気力が削がれてしまっている。苦し紛れにタレントの片岡鶴太郎がヨガの練習に使っているゴムチューブを手に入れ装着したところ痛みが劇的に引いた。

久しぶりに畑に出た。
家族連れがイチゴ狩りに訪れる
昨年、芋掘りに訪れた家族連れがイチゴ狩りにやってきた。
5月に入って降雨が続いたため熟したイチゴの先端が濡れた地面に接して傷んでしまっていた。大きくてよく熟しているものほどその度合がひどい。麦わらを敷いてある別の畑では熟しているものすべてを収穫できている。

天候:曇り、午後から雨  気温:23.3℃-16.6℃