1回目の田植えが終わる。2017/06/15 20:02

6月10日から始めた田植えを今日終えることができた。3人で進める予定だったのが、腰の故障で1人が脱落したため2人だけの作業になった。
田植え1日目
4日間と考えていたので1/4の20条前後をゆっくり。しかし、ゆっくり構えていると腰への負担が増してくる。
2日目から空のポリタンに腰掛けながらの田植えに変更すると腰への負担が劇的に解消された。
田植え3日目
田植え3日目
予定通り田植えの3/4が終了。
梅雨らしからぬ晴天に恵まれたが、真夏を思わせる日差しに体力を奪われがちになる。幸い田んぼを渡る風が涼を運んでくれた。
田植え5日目
田植え5日目
4日目に代掻きに手間取り3条分を残してしまった。畦ギリギリまで苗を植え付けて1回目の田植えが終了。
隣はベテラン農家のNさんの田んぼ。
隣は神田
立て看板があるので見に行くと「神田」とあった。そのNさんに来週から2回めの田植えがあると伝えると、呆れられた。田植え機があれば1反(1000㎡)を1時間半ほどで田植えが終わってしまうのに、手植えでは人数にもよるが、2人では10日以上かかる。

神田ならぬ新田の除草
田植えの数日前、隣の田んぼの除草をしているSさんに、田んぼの使用についておそるおそる聞いてみると「お願いできたら助かります」との意外な反応。
新田の除草
畑を追い出され、新たに移った畑も12月に明け渡せねばならず落胆の日が続いていた。ようやく日が指し始めたようだ。
仲間のKさんがトラクターで耕うんにやって来る。刈払機のチップソーを頑丈なものに替えて、地表を削るように2時間ほどかけて丁寧に除草。
田んぼの耕うん
田んぼの耕うん
人の手でやったのでは何日かかるかわからない作業が1時間ほどで完了。
田んぼに水を入れる
田んぼに水を入れる
新しい田んぼは用水路に面しているため取水管理がしやすい。取水口を開け用水路に石を積み堰にすると水が流れ込み始めた。明日には田植えができる状態になっているかもしれない。

本日の運動:数日続いた代掻き作業と田植えと今日の除草作業の疲労を考慮して水泳もヨガもなし。

天候:晴れ     気温:17.2℃-25.1℃

コメント

_ 綾瀬のアジ ― 2017/06/16 18:00

最近ブログの更新が無く心配して居ました
元気そうなので安心しました

_ T.S. ― 2017/06/16 18:29

ご心配いただき恐縮しています。12月からほぼ4ヶ月体調不良に苦しみましたが、何とか回復に至りました。おまけに田んぼが倍の広さになりました。それまで、畑の明け渡し通告を受けたりで、まさに泣き面に蜂の状態でした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
畑の場所は何市

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://climaxgarden.asablo.jp/blog/2017/06/15/8598097/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。