田んぼにマルチ2017/02/03 13:28

今年最初の稲作の準備。昨年までの面積当たりの米の収量は反当たり120kg・2俵ほどで、大家さんの忠告通り
田んぼの無施肥のままでは十分な収量にならない。といって窒素肥料を過剰に与えれば「いもち病」などの発生の心配がある。農薬(農業用毒薬)だけは使いたくない。
稲ワラでマルチング(敷きワラ)
田んぼに敷き藁
取っておいた稲ワラを押し切りで刻む。時間がかかる手作業だ。今後は基本的に農作業は半日で切り上げるつもりだ。とすると、この作業に3日間はかかりそうだ。
刻み稲ワラを均等に散布してマルチ(敷きワラ)する。さらに米ヌカを撒いた後に酵母液を投入して米ヌカの発酵を促す。
適当な時期に耕うん機を使い浅く耕うんして稲ワラなどを鋤き込むのが当面の予定。
米ヌカや刻み稲ワラを餌に有用土壌微生物が増殖して土壌を豊かにしてくれる、というのが目論見だ。田んぼに水は入るまでは好気性微生物、水が入ってからは嫌気性微生物
米ヌカあれば乳酸菌が増殖してつよい殺菌力を発揮してくれる。森の落ち葉でできた腐葉土には放線菌、これらは抗生物質など殺菌力の強い物質を生み出してくれるが、福島原発事故で飛散した放射性物質が森の腐葉土に多く蓄積されているため、安易には使えない。今年は間に合わないが、いずれ放射性物質の飛散が少なかった地域の森の腐葉土を少しでも投入したい。

本日の運動:ストレッチとアシュタンガヨガの「太陽礼拝」(スーリヤナマスカーラ)から「戦士のポーズ」(ヴィラバトラアーサナ)までが復活
咳はほぼ止まり、回復してきたが、心臓の働きはまだ十分回復していないようだ。その上体力がすっかり落ちている。水泳は今月下旬から再開を予定している。

天候:晴れ      気温:-0.9℃-11.9

加工品作り2017/01/28 13:48

長期間に渡る不摂生で回復に時間がかかる。無理をすれば再び体調が悪化してしまう。といって家でじっとしていたのでは時間を持て余す。
数日前にレモン1つを収穫した。
初収穫したレモン
このレモンと冷凍したままになっていたイチゴでジャムを作る。
自家栽培のレモンとイチゴ
銅鍋で30分ほど煮るとジャムができた。
イチゴジャムを煮る
レモンはペクチンの補給分として果汁とともに皮も入れる。レモンのペクチンが効いて適度にとろみのあるジャムができた。自分では格別に旨いと思うが、試食した友人のKさんは売っているのと同じ味という。
ゴボウを乾燥
これからしばらく晴天が続きそうなので、ゴボウを干して「ごぼう茶」に。

本日の運動:ストレッチとスーリヤナマスカーラA
半年間無理を重ねていたとすれば、回復にはその半分の3ヶ月の休養が最低限必要か。だとすればあと1ヶ月間回復を待たねばならない。北里病院で処方された抗アレルギー剤が効果的だが、心臓の働きが弱っていて一気に回復とはいかない。血中酸素濃度は94しかない。

天候:晴れ     気温:1.9℃-14.8

とうとう工事が始まった2017/01/13 20:53

座架依橋より少し下流にあたるこの辺りでは、現在ある堤防から川面までの高低差は20mはある。本当に切迫した必要性があるのか疑われるが、役所が一旦決めたことに後戻りはない。上流に相模湖や津久井湖ができてから水位が下がり、標高の低い河口付近を除けば水が堤防を越えて溢れ出したというのは聞いたことがない。
4日前
小さなユンボ
用地買収が完了している辺りに小さなユンボが見えた。近づいてみると中に人がいて休憩しているようだ。大規模な工事を始めるにしては小さい。一部で栽培ている葉物が踏み潰されている。元地主が自主的に撤去しているのか。
2日前
大きなユンボ2台
先日の小さなユンボが消えて新たに2台の大型ユンボが作業をしている。立て看板にあるように、大型重機で3月15日までに背後のケヤキ林を撤去しながらこの区域の堤防工事を完了させるらしい。
そして今日
大型除草機
大型除草機が走り回りあっという間に一面を覆っていたクズが取り除かれていく。
圃場中央通路、市道でもあるらしい。
圃場中央通路
この通路の南(右)側までが今回の工事範囲に入っている。ここまで買収が済んでいないと思っていたのは楽観だった。キャベツ、カリフラワー、ハクサイ、キヌサヤ、スナップエンドウなどが植わっている。
今日はキャベツとカリフラワーを通路北側の畑に移植。
もう鍬一本で、などと悠長なことは言っていられない。昨年末に購入した耕運機の試運転を兼ねて畝作り。
耕運機の試運転を兼ねて
耕作面積が減るというのに耕運機導入を余儀なくされるのは皮肉だ。せっかくなので管理機として使ってみる。ロータリを逆転させてアクセルを吹かすと左右に土を跳ね上げ畝ができていく。耕運機の扱いに慣れていないため直進が難しい。
キャベツ、カリフラワーの移植完了
2時間ほどでキャベツとカリフラワー合わせて90株ほどの移植と保温用のトンネル掛けが終わる。

本日の運動:ストレッチと
      スーリヤナマスカーラ(太陽礼拝)Aを3回
      これ以上はまだ咳き込んでしまう。

天候:晴れ      気温:11.4℃-0.6

レモンが色づき始める2016/12/28 18:46

2012年9月に挿し木したレモン
挿し木したレモン
冬には零下4度まで気温が下がる畑では寒さに弱いレモンは、ワラ囲いなどで対策しても冬越しできないおそれがある。枝を数本切り挿し木にした。すべて活着したが生き残っているのは3株だけになってしまった。親のレモンの木はワラ囲いしたものの2年目の冬に枯れてしまった。
黄色く色づき始めたレモン
黄色く色づき始めたレモン
南側ベランダで鉢植えにしたレモンの背丈が1.5mを超えた3年前から実をつけるようなったが落果ばかり。今年も期待しないでいたが、落果せずいつのまにか店頭で見かけるほどの大きさになっていた。色づき始めて2週間が経つ。

本日の運動:ヨガ
      
天候:晴れ      気温:8.6℃-1.4

こんなメール・・・2016/12/27 09:55

安倍首相がハワイに出発した今日、リバー・ストーン監督ら53人安倍に公開質問状」』が届いた。
テレビや新聞などマスコミが伝えるものに違和感があったがこれで解消。安倍首相はこの質問状に誠意ある回答することはできないだろう。マスコミに従事する自称ジャーナリストたちの見解を知りたいところだが、無視されるに違いない。

公開とあるので以下引用させてもらった。

オリバー・ストーン監督、米日韓加中英豪沖台の専門家など53名 真珠湾訪問に際し安倍首相の歴史認識を問う

真珠湾訪問にあたっての安倍首相への公開質問状

2016年12月25日 

親愛なる安倍首相、 
安倍首相は先日、 1941  12  8 日(日本時間)に日本海軍が米国の海軍基地を攻撃した際の「犠牲者を慰霊する」目的で、 12 月末にハワイの真珠湾を訪問する計画を発表しました。 
実際のところ、その日に日本が攻撃した場所は真珠湾だけではありませんでした。その約 1 時間前には日本陸軍はマレー半島の北東沿岸を攻撃、同日にはアジア太平洋地域の他の幾つかの英米の植民地や基地を攻撃しています。日本は、中国に対する侵略戦争を続行するために不可欠な石油や他の資源を東南アジアに求めてこれらの攻撃を開始したのです。 
米日の開戦の場所をあなたが公式に訪問するのが初めてであることからも、私たちは以下の質問をしたく思います。 

1) 
あなたは、 1994 年末に、日本の侵略戦争を反省する国会決議に対抗する目的で結成された「終戦五十周年議員連盟」の事務局長代理を務めていました。その結成趣意書には、日本の 200 万余の戦没者が「日本の自存自衛とアジアの平和」のために命を捧げたとあります。この連盟の 1995  4  13 日の運動方針では、終戦 50周年を記念する国会決議に謝罪や不戦の誓いを入れることを拒否しています。 1995 6  8 日の声明では、与党の決議案が「侵略的行為」や「植民地支配」を認めていることから賛成できないと表明しています。安倍首相、あなたは今でもこの戦争についてこのような認識をお持ちですか。 

2) 2013
  4  23 日の国会答弁では、首相として「侵略の定義は学界的にも国際的にも定まっていない」と答弁しています。ということは、あなたは、連合国およびアジア太平洋諸国に対する戦争と、すでに続行していた対中戦争を侵略戦争とは認めないということでしょうか。

 

3) あなたは、真珠湾攻撃で亡くなった約 2400 人の米国人の「慰霊」のために訪問するということです。それなら、中国や、朝鮮半島、他のアジア太平洋諸国、他の連合国における数千万にも上る戦争被害者の「慰霊」にも行く予定はありますか。

首相としてあなたは、憲法9条を再解釈あるいは改定して自衛隊に海外のどこでも戦争ができるようにすることを推進してきました。これがアジア太平洋戦争において日本に被害を受けた国々にどのような合図として映るのか、考えてみてください。

53名の学者ら
1. 安斎育郎、立命館大学名誉教授
2.ハーバート・P・ビックス、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校歴史学・社会学名誉教授
3. ピーター・バン・デン・デュンゲン、元ブラッドフォード大学(英国)平和学教員、世界平和博物館ネットワーク総括コーディネーター
4. アレクシス・ダディン、コネチカット大学歴史学教授
5.リチャード・フォーク、プリンストン大学国際法名誉教授
6. ジョン・フェッファー、「フォーリン・ポリシー・イン・フォーカス」ディレクター
7. ノーマ・フィールド、シカゴ大学名誉教授
8.ケイ・フィッシャー、シャボット・カレッジ(カリフォルニア州)講師
9. 藤岡惇、立命館大学名誉教授
10.ジョセフ・ガーソン、国際平和ビューロー副会長
11.ジェフリー・C・ガン、長崎大学名誉教授
12.河庚希、明治大学特任講師
13.ローラ・ハイン、ノースウェスタン大学教授(米国シカゴ)
14. 林博史、関東学院大学教授
15. 平野克弥、カリフォルニア大学ロスアンゼルス校准教授
16. 池田恵理子 アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)館長
17. 石原昌家、沖縄国際大学名誉教授
18. ポール・ジョバン 台湾国立中央研究院社会学研究所 アソシエート・リサーチ・フェロー
19.  ジャン・ユンカーマン、ドキュメンタリー映画監督
20.ナン・キム(金永蘭)、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校准教授
21.   金 富子、ジェンダー史、東京外国語大学教授
22.    木村朗、鹿児島大学教授
23.   絹川知美、サンフランシスコ州立大学講師
24.    ピーター・カズニック、アメリカン大学歴史学教授
25.    権赫泰(クォン・ヒョクテ)、韓国・聖公会大学教授
26.    李京柱、仁荷大学教授
27.    ミホ・キム・リー、「エクリプス・ライジング」共同創立者
28.   林志弦(イム・ジヒョン)、西江大学教授(韓国)
29.    前田 朗、東京造形大学教授
30.    ジャニス・マツムラ、サイモンフレイザー大学(カナダ)歴史学准教授
31.    タニア・マウス、ウィルミントン大学(オハイオ州)平和資料センターディレクター
32.    デイビッド・マクニール、上智大学非常勤講師
33.   ガバン・マコーマック、オーストラリア国立大学名誉教授
34.    キャサリン・ミュージック、海洋生物学者(ハワイ・カウアイ島)
35.    中野晃一、上智大学教授
36.   中野敏男、社会理論・社会思想、東京外国語大学名誉教授
37.    成澤宗男、『週刊金曜日』編集部
38.    乗松聡子、『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』エディター
39.    ジョン・プライス、ビクトリア大学(カナダ)歴史学教授
40.  スティーブ・ラブソン、ブラウン大学(米国)名誉教授 米国陸軍退役軍人
41.   ソニア・リャン、ライス大学(テキサス州)チャオ・アジア研究センターディレクター
42.    ダイヨウ・サワダ、アルバータ大学名誉教授
43.   マーク・セルダン、コーネル大学東アジア研究プログラム上級研究員
44.   オリバー・ストーン、アカデミー賞受賞映画監督
45.  高橋哲哉、東京大学教授
46.   高嶋伸欣、琉球大学名誉教授
47.    竹中晶子、ケンタッキー大学准教授
48.    ウェスリー・ウエウンテン、サンフランシスコ州立大学アジア・アメリカ研究学部准教授
49.   内海愛子、恵泉女学園大学名誉教授
50.    シュエ・タク・ウォング、サイモンフレーザー大学(カナダ)名誉教授
51.    イー・ウー、クレムゾン大学社会学・人類学部助教授
52.    山口智美、モンタナ州立大学人類学准教授
53.   リサ・ヨネヤマ、トロント大学教授

本日の運動:ヨガ
昨日処方された咳・痰止の薬を服用していないが、症状はほぼ治まる。休養の徹底が大事なようだ。
      
天候:雨      気温:16.3℃-7.5