苗代の準備2018/04/17 13:06

1昼夜水に浸けておいた種籾の水を切り、容器の底に40℃ほどの温水を張り、その温水に浸らないようにして保湿保温。
種籾の保湿保温
低温殺菌から2日半の今日の昼過ぎに種籾の胚芽が膨らみ始めているのを確認。ほぼ期待通り。

苗代=稲の育苗床の準備、5月下旬まで用水路に水が入らないので、水苗代ではなく陸苗代(おかなわしろ)。
2回目の耕うん
苗代2回目の耕うん
最初に南北方向に、続いて東西方向に耕うんして雑草の芽をできるかぎり摘む。これで発芽した種籾を播種すれば稲苗が雑草に駆逐される可能性が低くなるというのが目論見だが…
エンストの原因
耕うん機エンストの原因
途中、何度かエンストを起こす。原因は粘度の高い土や雑草の根がロータリ軸に絡むだけでなく、隙間がないほどに詰まっていたためだ。
耕うんの後、レーキで平らにならす。この時、苗床の面が周囲より高くならないようにして乾燥を防げば水遣りの手間が省ける。
苗代
苗代にする短冊状の畝を3本。2本がウルチ米用、1本がモチ米用。

天候:曇り     気温:11.0℃-16.5℃
冷たい北風が吹き寒い。

種籾の消毒と芽出し2018/04/15 20:05

ここ数日、雨降りを期待しながらも天候が安定せず種籾の消毒や芽出をいつにするか決められずにやきもきしていた。
60℃のお湯で消毒をして3日間で発芽させることができる。この発芽した種籾を蒔いても、晴天続きで田んぼが乾燥しているので、降雨がなければ水遣りが欠かせない。ウェザーニュースによれば、18日水曜日の降雨確率は70%、これに賭けることにした。

種籾の消毒
種籾の消毒
ウルチ米=キヌヒカリ1.2kg、餅米=ハッピーヒル0.6kgを60℃のお湯に5分間つけてというが、なかなか60℃ぴたりとはならない。

種籾の芽出し
種籾の芽出し
30℃を少し超えるくらいの温水に1昼夜浸し、その後は水を切り、湿度と温度を保てば2,3日で発芽する。

4月12,13日
畦際の除草
畦際の除草
連日、畦際をスコップで掘り返し雑草の根本を深くえぐる作業で疲労がたまる。今年は雑草にヒエが多く、それも実をつけ始めている。放っておけば田んぼがヒエだらけになってしまう。
除草と耕うんを終えた田んぼ
2つの田んぼを合わせると1反=1000㎡ほどの広さがある。除草だけでも疲労困憊になる。耕うん機なしではとてもやりきれない。いつの間にか目指す方向が逆になってしまっているが如何ともしがたい。皮肉にも隣のベテラン米農家のNさんからいつになく褒められる始末。

天候:雨のち曇り、時々晴れ 気温:22.6℃-12.9℃

雨の中、田んぼの整備2018/04/11 13:22

出かける前に天気予報を確認するのはいつものこと。一日中曇りで雨の予報はなかったはずだが…田んぼに出てみると雨雲が広がり雨がぱらつき始めた。
雨の中の耕うん
雨の中の耕うん
相棒のKさんの「雨はすぐに止みますよ」で、雨がぱらつく中耕うん機を車から降ろして草で覆われ始めた田んぼの耕うんを始めた。途中、雨脚が強くなり車中で雨宿り。

周囲の田んぼでは除草剤を散布する。コンクリート製の畦のひび割れからその除草剤の混入した水が流れ込むこともあって畦板を張ることにした。除草剤は「沈黙の春」を招くほど毒性が強い。
畦板張り
1時間もあれば作業は終るだろうとの目論見は外れた
畦際に埋まっていた石
田んぼに埋まっていた石
大きなものが3つ。最大のものは15cm☓15cm☓40cmほどもあって、これ1つを掘り出すのに30分近くかかった。
張り終えた畦板
コンクリート製畦と同じ高さになるよう幅25cmの畦板を張るのはなかなか労力がいる。畦に沿って深さ25cm溝を均等に切っていかねばならない。

耕うんを終えた田んぼ
耕うんを終えた田んぼ
明日は右斜め奥にある田んぼの耕うんが待っている。

天候:雨、午後から曇り  気温:10.0℃-19.6℃

意外に土質がよさそうな畑2018/04/10 13:06

長らく麦畑として使われてきた畑。
圃場I
悪くすると3年後には返却してもらうかもしれないという条件で使わせてもらっている。ということでどこか投げやりな気持ちが反映して、手のかからない野菜ばかりを作付けている。長ネギ、ジャガイモ、イチゴ。これからは落花生とサツマイモを予定している。

相棒のKさん、屈強な後期高齢者でありながら先月に体調を崩したこともあり、耕うん機で耕うんが分担のはずだったが、いつの間にかイチゴ畝の除草を始めていた。

多機能だがどこか繊細な耕うん機
耕うん作業
ロータリーを逆転させて長ネギの畝間を耕うん。ロータリーがロックしてしまったり、ロータリー軸からのミッションオイル漏れ、エンジンの焼付きなど…無理な使い方はできない。ロータリーを正転させて土をほぐしてから逆転で耕うんすると長ネギの土寄せが簡単にできてしまう。多機能が売り物の機種の面目躍如だ。

耕うんと除草を終えた畑
耕うんと除草を終えた畑
先日、サトイモを植え付けた畑では、土が固く締まりロータリの刃が土に食い込まず走り出すことが度々あった。ここではそんなこともなく、しばらく使い込めばよい畑になりそうな感じがした。落花生の畝も用意できた。明日は再び田んぼの耕うん。

天候晴れ    気温:6.5℃-17.9℃

稲作の第一歩、苗床の準備2018/04/09 12:52

先日、野口種苗から餅米の種籾「ハッピーヒル」が届いた。種袋に播種適期は地域差もあると思われるが4月10日~14日らしい、でそれに従う。
餅米「ハッピーヒル」の種籾
餅米の種籾
餅米の種を選ぶに当たって他にも選択肢はいくつかあったが、これを選んだのは、自然農法の先駆者・福岡正信氏が戦後間もなくビルマから持ち帰られた外来種と在来種をかけ合わせて固定したもので、多収量、美味かつ直蒔きにも向くとあったためだ。いずれ田んぼの土作りができてきたと判断できたら直蒔き・不耕起栽培を試みたい。

ウルチ米「キヌヒカリ」の種籾
ウルチ米の種籾
この「キヌヒカリ」は地元・神奈川県の農業試験場が開発したものだと聞いた。5年前から栽培しながら採種を続けている。今年は塩水選なしにして低温消毒(60℃5分間)のみに。F1種・一代交配種ではないため塩水選をしたところで発芽・生育は揃わない。少し大目に播種して良い苗を選ぶことで済ませたい。あとは昨年通りに。これで厳しい温度管理などせずとも3日もあれば発芽させられる。

田んぼの一画を耕うんして苗床に。
苗床の準備
田面がいつの間にか雑草で覆われ始めていた。このまま播種してしまうと、発芽した稲とイネ科の雑草との区別がつかず収拾がつかなくなる。
2月中旬にトラクターで耕うんしたばかりの田んぼ。
トラクターで耕うんしたばかりの田んぼ
播種直前にもう一度耕うんして雑草の繁茂をできるだけ抑えたい。

天候晴れ    気温:5.8℃-18.6℃