農機具収納小屋作り202402122024/02/12 20:45

11月下旬、コメの脱穀を終え1年で一番時間に余裕がある時期に腰を傷めてしまった。少なくとも年内には仕上げてしまうつもりだった小屋作り大幅に遅れている。
半面、解体した小屋の廃材利用で単管パイプやクランプ以外の費用をかなり節約できたのは幸いだった。
とはいえ、春の農作業が間近に迫っているためあまりのんびりしていられない。今週中に屋根張りに目途を付けたい。
農機具収納小屋作り
単管パイプの骨組みに2x4材を組み合わせるのに意外に時間がかかってしまった。それでも仮の筋交いを入れるとほぼぐらつきがなくなった。
壁には中古のコンパネや明り取りの用のサッシを使う予定だが、屋根張りを終えてからでないと資材の出し入れがやりにくくなりそうだ。
明日、屋根材の波板を支える垂木を単管パイプに固定してしまえば、風のない日を選んで屋根張りができる。

天候:晴れ     気温   2.0℃ -12.0℃
吹きさらしの田んぼの片すみに冷たい強風。こんな日にトタン波板をうっかり高いところに持ち上げたりすると風に持って行かれそうだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
畑の場所は何市

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://climaxgarden.asablo.jp/blog/2024/02/12/9658717/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。