サツマイモ伏せ込みなど2018/03/10 14:53

昨年、サツマイモの発芽が遅れた分、苗の植え付けが大幅に遅れ安納芋はほとんど収穫できなかった。原因は種芋を伏せ込んだ苗床の地温が十分に上がらなかったことらしい。
サツマイモの苗床
苗床の地温を上げるため、黒色のビニールシートでマルチしてからビニールシートを2重にしてトンネル掛け。
苗床の地温
このところ晴天に恵まれず地温は12.2℃しかない。露地の地温が10℃ほどでマルチやトンネルの効果は出ていない。
紫芋6株、安納芋1株(自家採種)
サツマイモの伏せ込み
冷蔵庫上部の暖かい場所に籾殻とともに保管しておいた紫芋と安納芋は発芽していた。同じように保管したはずの金時芋が入っていない…ボケが心配になる。帰宅すると自家用に取っておいた金時芋が3つ。南側ベランダの暖かい場所に置いておいたが発芽はしていない。これらを種芋にするしかない。安納芋は2つほど購入して追加する予定。

ボカシ肥作り
ボカシ肥作り
温度を測ると25℃弱。思惑通りだ。これを簡易温床の熱源にする。
簡易温床
簡易温床
コンパネで囲み透明の波板でフタをしただけでは保温効果は期待できないが、発酵熱は40℃くらいまで上がるので、発酵容器の上に育苗ポットを置けばナス、トマト、ピーマンなどを発芽させることは出来そうだ。

果樹園を後にして6月に明け渡し予定の圃場へ。
キヌサヤとスナップエンドウ、いずれも自家採種
エンドウ豆の棚作り
稲の掛け干しに使う稲架掛け台と使い古した篠竹で棚作り。

ジャンボニンニク(自家採種)
ジャンボニンニク
小麦と同様に例年になく生育は不揃いで芳しくない。
無臭ニンニク(自家採種)
無臭ニンニク
無臭ニンニクとジャンボニンニク、昨年とは逆で無臭ニンニクの方は生育が揃ってよさそうだ。

天候曇り    気温:12.1℃-5.4℃

ジャガイモ植え付け、沈丁花の咲く頃2018/03/12 13:41

果樹園の果樹の隙間にジャガイモを植え付けるべく畝立て。
ジャガイモの植え付け準備
遅霜の心配を無視して3月に入るとジャガイモの植え付けをする。少し遅れ気味かと20m長の畝立て。
雨後で土が重く粘着度の高い土質に長年はびこっていた雑草の根を取り除く作業も加わり思いの外時間がかかった。午前中に予定していた植え付けは明日に。
帰宅すると同じ団地で長年野菜栽培しているAさんから「ジャガイモの植え付けは3月18日、沈丁花の花が咲く頃が適期」と教えられた。この言葉に従ってみるのも面白そうだ。

仕込み中のボカシ肥の温度
ぼかし肥の温度
30℃を超えた。
温床内の温度19.4℃
温床内の温度
発酵容器のフタの上の温度は20℃に達していない。これでは夜間にはさらに気温が下がるので、ピーマンなどの発芽には足りない。

金時芋を苗床に追加
金時芋を苗床に追加
苗床の温度は25.9℃。晴天がしばらく続く予報、地温がさらに上がればより早い発芽が期待できる。

天候:晴れ    気温:3.2℃-13.5℃

昨日、朝食前に体重・体組成計に久しぶりに乗ってみた。2月から水泳から遠ざかり、身体をそれなりに動かすのは午前中の農作業とアシュタンガ・ヨガだけになった。さぞかし体脂肪率が増し、基礎代謝量が減少していると予想していたが、結果は意外なものだった。
体重:62.4kg BMI21.1 体内年齢16歳 基礎代謝1616 内蔵脂肪レベル1.0 体脂肪率7.9%
アスリートでもないに体脂肪率が10を下回っているのはよくない。免疫力低下に加え、運動負荷が高すぎれば体脂肪の代わりに筋肉組織が消耗される。
とはいえ、風邪を引く兆候などはまったくないし免疫力低下を自覚させるよう体調不良もない。BMIは21.1で健康のためにはほぼ理想的な値。これは「軽くて柔軟そして強靭な身体」アシュタンガ・ヨガが求めるものではないか。

ナス科夏野菜5種を播種2018/03/13 13:04

お金を出せば床土は簡単に手に入るが、それでは自給自足からさらに遠のく。
床土作り
床土作り
昨年5月に野口種苗の社長の講演会に出席した。その時、床土は刈り草を5年間寝かせたものを使っていると聞いた。では私もと刈草を5年間積んでおいてみることにした。しかし立ち退きでそれができなくなった。刈草で作った腐葉土をこれまでも床土として使ってきたがせいぜい2年寝かせる程度だった。これでは雑草が生えてきてしまう。
ナス科夏野菜5種
ナス科夏野菜5種
左上から時計回りにトマト・サンマルツァーノ(岡本よりたか氏=「無肥料栽培を実現する本」著者の提供、ピーマン、トマト・麗夏①、麗夏②、ナス・ローザビアンカ、トマト・愛知ファースト。
トマト・愛知ファースト以外はすべて自家採種。麗夏①②は8月末にそれぞれ異なる株のトマトから採種した。難しそうだが5年間採種を繰り返して種の固定を試してみたい。
播種済みのトレイを水に漬ける。
播種済みのトレイを水に漬ける
ジョウロで水を上からかけるのでは水分が十分に行き渡らず、種が浮いてしまうことがある。このままボカシ肥の容器内部に。蓋の上では20℃くらいにしかならない。夜間はさらに温度が下がるため発芽が難しくなる。

天候:晴れ    気温:2.7℃-17.8℃

花粉症の症状なのかくしゃみと鼻水が止まらない。それで畑に行くのが億劫になったが、畑にいるとそれが次第に治まってくる。昨年冬のこともあり、毎夕ヨガを始める前に居室の掃除を徹底しているのだが、自宅にいるときの方が症状が激しい。はたして花粉が原因なのだろうか…

今日はウリ科3種を播種2018/03/14 13:36

2ヶ月前に故障した耕うん機を修理屋に預けたが何も音信がない。畑に行く前に修理具合を確かめに行くとまだ修理中だと言われた。予定していたサトイモ植え付け用の溝切りをするつもりだったが、急ぐことはないので延期に。
代わりに小玉スイカ、白ゴーヤ、カボチャの3種を蒔くことに。
ウリ科3種播種
上から2列が小玉スイカ10株、次の2列白ゴーヤ12株、カボチャ18株

ボカシ肥の発酵温度が下がってしまった。
発酵中のボカシ肥の温度
昨日より10℃低い25.5℃、これではナス科の夏野菜の発芽は難しい。トレイの表面温度は17.7℃、外気温と変わらない。温度調整の切り返しはしばらくなしに。
何とかして発酵を進めて温度を上げたい。さらに土壌改良材として有効なものになるのか疑問だが、不本意ながら高価な油カスを購入して追加してみることにした。

腐葉土の採取
腐葉土の採取
造園屋さんが運び込んだ剪定枝の山が何年分もある。底の方には4,5年前のものが上質の腐葉土となってあるはずと掘り下げてみると、厚さ10cmほどの腐葉土の層になっていた。それを掘り出しているとカブトムシの幼虫が沢山、よい兆候だ。

天候:晴れ       気温:4.9℃-20.3℃

昨日、今日の新聞(東京新聞)第一面は「森友学園」がらみの記事で大きく占められていた。当然だろう。しかし、テレビ番組表に目を移すと、昨日はともかく今日に至っても夕方からの番組に「森友学園」関連の特集番組が1つもない。当然ながらNHKも。このまま幕引きとなればジャーナリズムも司法もないも同然だ。
そう言えば、種子法廃止の危機が迫っているにもかかわらず、全世界で巻き起こっているモンサントに対する大規模な抗議行動の報道もなされていない。
デモクラシー(democracy)を「民主主義」なんて言葉に置き換えている限り、この国にデモクラシー=主権在民が根付くわけがない。

発酵温度がさらに下がる2018/03/17 13:15

米ヌカに柿と糖蜜でつくった糖度10%の溶液で作った酵母液で作るボカシ肥は肥料というより土壌微生物の栄養源として利用してきた。しかし、昨年来発酵温度が上がらず低めに推移することが多くなり、熱源として使えないならば発酵させることもない。
今年も同じになるならば、いっそうのこと有機肥料としてのボカシ肥にしてしまおうと先日油粕10kgを買ってきた。この油粕に先日採取してきた腐葉土と酵母液を追加。腐葉土は放線菌が豊富な森の土ならばさらによいのだが。
米ヌカボカシ肥に油粕を追加
買ってまで油粕を利用するのは本当に久しぶりだ。この10kg1,100円ほどの油粕の材料はカナダ辺りで豊富に生産されている遺伝子組み換え菜種だろう。遺伝子組換え作物を原料にしたものを使えばアメリカではオーガニック(有機栽培)認証はもらえないらしい。
こんなことでよいのかと思うが…5年毎に畑の移動を迫られ、せっかくの土作りが水の泡と消えてしまうことに疲れているのかもしれない。

種採り用にダイコンとニンジンを移植
種と利用ダイコンとニンジンを移植
ダイコンはすでに植えてある4株に3株を追加。ニンジンは4株。ニンジンの採種が成功したことがない、岡本よりたか氏によれば、雄性不稔のニンジンかもしれないとのこと。

進入路の整備
進入路の整備
剪定枝で土留め。後日、リュウノヒゲか篠竹を植えて補強する予定。

天候:晴れ       気温:3.0℃-11.3℃