畑に行けばいくらでも仕事はある2017/04/14 12:36

今日は除草作業くらいか、と言う思いで出かけても畑に到着するとすることがいくらでもある。特に春先はその傾向が強い。
昨日仕込んだ稲の苗床。
苗床
ベタ掛けしたビニールシートの下に手を入れると40℃を超しているかと思うほど暖かい。これから気温が20℃近くまで上がれば種モミがやけてしまう。支柱を入れて低いトンネル状にして空気の層を広げ急な温度上昇を避けた。

ショウガ3種の播種準備
左から三州生姜、近江生姜、お多福生姜
種ショウガ
先日、1mの深さまで掘り下げた穴に保存しておいたショウガを取り出してみると、表面に青カビなどが生えていた。しかし、冒されているのは表面だけらしいので、日光に当て乾燥させておいた。
種用ショウガ
土に浅く埋めて湿度を保ちながら空気を遮断してカビから守り発芽を待つ。
ショウガの芽出し
温床の南側の暖かい場所に置いた。

雨水が入ってしまったボカシ肥の発酵槽
ボカシ肥の発酵槽
隣のものに比べると雨水で10%以上水分が増してしまったらしくネットリしていて、腐敗が心配だったが、切り返しを始めると湯気が立ち始めた。発酵温度が50℃に達しているところもある。発酵を促進するには水分60%くらいがよいのか。

本日の運動:アシュタンガヨガ

天候:晴れ     気温:6.7℃-19.6