夏野菜5種を播種2017/03/16 13:33

先月24日に仕込んだボカシ肥の本格的な発酵が始まった。これから毎日の切り返し作業が欠かせない。
ボカシ肥
酵母菌を働かせるには発酵温度が45℃を超えないよう管理したいが難しい。空気を入れ好気性の環境を保ち、高温にならないようとにかく毎日切り返しが必要だ。

この発酵熱を利用してキュウリ、ナス、トマト2種、ピーマン等の夏野菜の発芽を促す。
まずは採種。
トマト・サンマルツァーノ
トマト・サンマルツァーノの採種
水に浸けてふやかす。
自家採種したサンマルツァーノ
水中で種を揉み出しザルで水を切る。

トマト・麗夏は採種の準備をしていたがベランダの片付けの途中に散逸。仕方なく購入。

ナス・ローザビアンカ
ナス・ローザビアンカ
すっかり乾燥して手では裂けないほど硬い。切り分けて水に浸ける。
ローザビアンカの採種
実が柔らかくなったところで揉み出すと種が浮いてくる。

ピーマン(品種は不明)、苦味が少なく食べやすい。
ピーマンの採種
水に浸す必要がなく、簡単に採種できる。

キュウリ
キュウリ
昨年の残りを2粒ずつ2号ポットに播種。

キュウリ以外は苗箱に条蒔きした。発芽に必要な温度(ピーマンで25℃以上)が保てそうなボカシ肥の発酵槽の上に。

3月13日
ジャガイモ(キタアカリ)3回目の播種
ジャガイモ・キタアカリ播種
耕うん機や脱穀機などで出費が重なったため資金回収に努めねばならない。フードバンクへの提供もあるので余って困ることもなくなったため、種芋は15kgになった。

本日の運動:ストレッチとアシュタンガヨガ

天候:晴れ      気温:1.0℃-12.5

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
畑の場所は何市

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://climaxgarden.asablo.jp/blog/2017/03/16/8407502/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。