節目の年2016/12/17 20:39

この春、まだ先の話だと思っていた畑の明け渡しを県の土木科の職員から通告された。しかし、工事開始の9月が過ぎても一向に工事は始まらない。といってこれからさき続けられる保証はない。
明け渡し予定の農地3000㎡
明け渡し予定の農地
最後まで農地の売却が進んでいなかったこの農地もその契約が今月中に完了するようだ。耕作放棄されている畑はたくさんあるが、地縁も血縁もないこの土地には借りられそうな畑は見当たらない。残るは田んぼ5畝(500㎡)のみ。最悪の場合、稲苗を育てる場所も確保できなくなりそうだ。
隠居して終活など考えたくもないと思っていたところ、
健康面で老いを実感させられる故障が続いた。2月から始まった肩や腰の痛み、夏バテに秋バテ。かつての水泳仲間のEさん宅に野菜を届ける度に「顔色が悪い、体調は大丈夫か」と何度も心配顔を向けられた。
11月末に引いた風邪から3週間以上が経過した今日になっても回復しきれない。原因は加齢による体力の限界を無視していたためらしい。3週間、休養に努めたことで身体の芯まで蓄積した疲労が抜け始め、ようやく回復が実感できるようになった。
おまけに新しい畑を確保することができた。
新たな畑600㎡
新たな畑
新たな畑650㎡
新たな畑
無農薬・無化学肥料栽培仲間のSさんが見つけてきてくれた。まだ元の広さは確保できていないが見込みは十分ある。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイル
体力の限界を無視すれば一番避けたい病気になってしまう。今後はアシュタンガヨガを中心にして水泳は上限を3000mから2000mまでに。農作業も原則半日で切り上げられるよう6馬力程度の耕運機導入を検討している。     

天候:晴れ     気温:0.3℃-12.3

大豆の脱穀2016/12/20 15:28

米の脱穀に購入した足踏み脱穀機を大豆にも使ってみた。脱穀機メーカーの説明には大豆の脱穀も可能とあったが、どれほど有効なのか。
大豆に足踏み脱穀機
意外にも鞘は枝についたまま実の豆だけがはじけ飛んでいく。
大豆に足踏み脱穀機
とはいえ、鞘や枝も一緒に飛んでいくので唐箕で選別がかかせない。今年の秋は雨が多く大豆の乾燥が十分でなかったが、8割方の豆が鞘から外れていた。残りは手で豆を鞘から外さねばならない。
これまでは、ブルーシートに広げた大豆を足で踏んで豆をはじけさせそれを拾っていた。ほぼ1日がかりの作業だったが、今日は1時間ほどで終了。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイルも
      水泳も休み。

天候:晴れ     気温:4.1℃-14.3

収穫した大豆2種2016/12/21 14:45

大豆2種
収穫した大豆2種
貴重な丹波黒豆の原種と借金なし大豆
昨年、神奈川県の在来種の津久井在来大豆の栽培に失敗して自家採種できず、秩父地方の在来種「借金なし大豆」(50ml、約90粒)を購入した。しかし、名前から期待したほどの多収穫にはならなかった。収量は2.5kgほどか。
一方、この丹波黒の原種は岡山県内でも栽培する人が少なく、その中の1人が高齢で栽培から手を引くらしく、人づてに種を20粒ほど譲ってもらった。幸いこの土地に合っていたらしく1.5kgほどの収穫になった。よい豆100粒ほどを来年の種に。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイルも
      水泳も休み。

天候:晴れ     気温:4.6℃-15.0

小麦ユキチカラが発芽2016/12/23 16:40

昨夜、排水性のよい畑に水たまりができるほど雨がふった。それに気温も高く、体感で20℃を超えている。
12月2日に1回目の小麦ユキチカラを播種
小麦播種
条間30cmで条蒔き
2年前この畑で小麦農林61号の栽培を試みたが生育が悪く収穫はできなかった。それに続いてソバ栽培にも失敗した。それでもこの2年間、サツマイモの出来はよかった。春には小麦の落穂が見事な実を結んだ。さらに田んぼの田面を下げる作業で出たもので客土したこともあり、小麦栽培を再度試してみることにした。
12月3日2回めの播種
小麦播種
3年前に小麦栽培した区画で、栽培中の作物を避けて、5-10粒ずつ点蒔き。
12月2日に播種した畑
小麦発芽
降雨に加えてこの時期に珍しい高温で発芽が揃った。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイルも
      水泳も休み。
昨晩、久しぶりに1000m弱泳いだ。その後の体調は悪くないが、咳は相変わらず残る。疲労感はかなり薄れてきた。

天候:晴れ     気温:12.2℃-18.7

耕運機をついに購入2016/12/26 13:14

自然農法による自給自足を目指す以上、刈払機(草刈り機)や耕運機を導入するつもりはなかった。刈払機は刈り草を搬入しにくる造園業者の社長が見かねて提供してくれた。
自給自足は基本的に人力で実現するものとしていたが、農地拡張の期待がもてるようになり、野菜の販売に加えてフードバンクなどへの供給を考えてみることにした。
現在の耕地面積、畑が700㎡、田んぼ500㎡。これに畑200㎡が加わる。人力では応じきれないと判断し3馬力の耕運機(クボタTRS30USD)を購入した。
耕運機クボタTRS30USD
ジモティー(譲ります・売りますサイト)で見つけたものは中古で10万円は高いが、画像から程度はよさそう。3馬力では力不足かと思っていたが、スバル・サンバーの荷室には限界の大きさ。管理機として使うには十分なようだ。
売り手を訪ね実物を見て動作確認すると新品同様で上位機種にしかない開閉式ロータリーカバーを備えていた。これでロータリーを逆回転させれば簡単に畝立てができる。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイルはしばらく休み。しばらくはビンヤサ(Vinyasa)を入れない、ゆるやかなヨガで柔軟性を維持。
咳と透明な痰が1ヶ月以上も続くため、通院。レントゲン検査では肺や心臓に異常なし。呼吸音には喘息の兆候も見当たらず、血圧が168-88、脈拍は60以下が普通だが72もある。拡張性心筋症を疑われたが、高血圧による心臓への負担が原因に考えられるとのことで、しばらく様子を見ることになった。改善傾向にあるのは確かなので徹底した休養に努めることにした。
      
天候:曇り     気温:2.3℃-12.3