米の脱穀1日目2016/11/07 20:44

ガタが来た木製の足踏み脱穀機、再生を試みたものの果たせず。先日、慌てて注文した金属製の足踏み脱穀機の試運転がてら脱穀を始めてみた。
新しい足踏み脱穀機の試運転
新品のため箱から出したままでは使えない。脱穀機の心臓部であるドラムの回転を維持するためのはずみ車があるためか30kg以上の重さがあり1人で移動させるのはなかなか大変だ。飛散防止のカバーを引き起こしネジ2本で固定するだけで使えるようになった。
金属製の足踏み脱穀機
古い木製のものに比べるとモミが飛び散らず扱いやすい。薄い鉄板でできているためか動作音がやや耳につく。
金属製の足踏み脱穀機
試運転のつもりだったが、使い勝手がよくほぼ半日で2/3の脱穀が終わる。
脱穀後のゴミ取り
とはいえ、脱穀機でできるのは稲穂からモミを外すことだけで、ゴミは取り除けない。フルイであらかたのゴミを取った後は、唐箕がけが待っている。脱穀2日目の明日は唐箕でゴミ取り。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイル
ユーチューブで見つけた「David Swenson First Seriesと「Ashtanga Yoga The practice Manual by David Swenson」を参考にしながらアシュタンガヨガの練習。本来であれば指導者に従いながら練習をしたいがままならない。

天候:晴れ  気温:7.2℃-13.7
北風は冷たいもの日差しが暖かく、体感では20℃、朝の中の寒さに備えた厚着をしているとすぐに汗ばむほど。

米の脱穀2日目2016/11/08 20:50

実の詰まったモミを無駄にしないようゴミを取り除くはなかなか難しい。
2回めのフルイ掛け
フルイでゴミ取り
唐箕でゴミを飛ばす前にフルイでできるだけゴミを取り除く。昨年は唐箕がけをしながらフルイを使った。すると同じ作業を3回繰り返さなければならなかった。今年はフルイ掛けを2回してから唐箕を使ってみると、唐箕掛けは1回で済んだ。
唐箕掛け
2時間ほどで100kg以上のモミのゴミ取りが終了。明日から2回めの脱穀だが、今夜の天気が気になる。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイル
      水泳2500m

天候:晴れ、時々曇り  気温:5.1℃-16.2
最低気温が5℃まで下がったにもかかわらず初霜は降りなかったようだ。ジャガイモの葉が萎れていない。

米の脱穀3日目、田んぼを片付ける2016/11/10 22:26

残った1/3の稲の脱穀を今日は3人がかり。2時間ほどで終わるが、フルイと唐箕によるゴミ取りに時間がかかる。
西隣の田んぼで稲作をしているNさん、稲穂に触れながら、昨日の雨で少し湿っていると指摘。雨ばかりの秋の天気に戸惑うばかりだ。籾摺りにはモミの乾燥を待って来週に出す予定。
米の脱穀と田んぼの片付け
脱穀作業、フルイによるゴミ取り、田んぼの片付けを3人で分担。途中、田んぼのとなりで陶器作りをしているTさんから温かいコーヒーとお茶にお菓子の差し入れ。晩秋とは思えない寒さにありがたい。
すっかり片付いた田んぼ
片付いた田んぼ
片付けの仕上げに取水口に栓をする。
竹で取水口に栓
稲架掛け台に使っていた竹の中から取水口の内径9.5cm弱に合うものを選び、長さ20cmほどに切り、引き出しできるように紐をつけてて完成。
昼食前に畑に移動。その後フルイと唐箕でゴミ取り。ハーベスタ袋1杯分の唐箕掛けが残るが3時で打ち切り、残りは日曜日に。

本日の運動:アシュタンガヨガ・マイソールスタイル
      水泳2300m

天候:曇り、夜になって雨 気温:5.7℃-11.5