田車で除草2016/07/04 20:04

6月18日に雑草の発生を抑える効果があるという米ヌカを田んぼに散布したものの、除草剤ほどの効果はないようだ。周囲の田んぼではどこも除草剤を使っているため、雑草の姿はまったく見えないか、芽を出していてもそのまま枯れている。それに田植え前にはたくさん見られたドジョウやオタマジャクシはいなくなってしまった。それだけ毒性が強いのだろう。
田車で除草
田車で除草
1年ぶりの田車、要領を得ないまま力任せでは体力ばかりを消耗してしまう。取っ手が身体から離れるようできるだけ前方に維持しながら押すと、田車の先端が泥に沈み込まず作業が楽になる。
炎天下でも水を張った田んぼは畑ほど暑さはない…というのは安易だった。水温は35℃を超えている。あいにくの晴天で日射が容赦なく照りつけてくる。作業を始めて間もなくは暑さに慣れていないため熱中症予防に休息と水分補給に努める。
田車で除草
10時前から午後2時まで相棒のKさんと交代で田車を押す。ついでに取っておいた米ヌカ3袋、45kgを散布。作業を終える頃には疲労困憊だったが、後期高齢者になったKさんにはまだ余裕がある。

本日の運動:朝食前にヨガ(太陽礼拝AB3セットずつ)

天候:晴れ、夕方に雷雨  気温:33.6℃-24.6
除草作業中の体感温度は35℃を超えていただろう。昨日は畑で除草作業。正午の温度は34.3℃(気象庁:海老名)今日より気温が高かったが、今日のような辛さはなかった。

雑草に埋もれた果樹園2016/07/25 21:50

2月にキウイフルーツを植えその棚を作ってそのままになっていた果樹園に行ってみると、これまでに見たこともないほど雑草が高く生い茂っていた。
雑草に埋もれた果樹園
キウイを傷つけないよう鎌で棚の周囲の草を刈る。
雑草に埋もれた果樹園
高さ2mのキウイの棚を超えるほどに草丈が伸びていた。茎が木化しているものは鎌では歯がたたない。
3台の刈払い機で2時間、除草後の果樹園。
除草後の果樹園
キウイの棚
除草後のキウイの棚
雑草に覆われ光合成が妨げられていたためかキウイの生育は今一つだ。
年に数回、草を刈ってはそれをマルチ材にして米ヌカを散布してきたことで、麦も育たなくなった畑の土壌が豊かになってきたようだ。座間の圃場では育ちの良くないタマネギを栽培してそれを確かめたい。

本日の運動:朝食前にヨガ(太陽礼拝AB3セットずつ)

天候:晴れ時々曇り  気温:21.4℃-28.5