貧すれば鈍する2012/12/09 19:43

今日は「望地の田んぼとゲンジボタルを守る会」の総会と餅つき。ホタルだけでなく、従来里山に生息していた生物の絶滅危惧種の調査も行なってきた。イモリなどの絶滅が危惧される生物の詳細はここでは報告できないが、農薬や化成肥料に頼る慣行農法と里山の自然は相容れないようで、生息状況は年々悪化するばかりのようだ。絶滅危惧種はその希少価値で高値がつくらしい。情報が広がるとすぐに姿が見えなくなる。世知辛い。
20年ほど前に経済成長が止まり富の分配に不均衡が生じるようになって久しい。欲深いこの国のリーダーたちは富の分配よりも独占を優先させたいのだろう。懐が豊かでも心が貧しいのか、「知恵と頭の回転が衰えている」らしい。財源が不足するからと言って生活保護手当を削るという発想、頭脳が鈍しているのだろう。守れぬ憲法を変えたいのは無理もない。次の日曜日には衆院選がある。棄権するくらいなら鈍する頭脳に抗議の白票か。

本日の運動:朝食前にヨガ(太陽礼拝AB3セットずつ)

天候:晴れ    気温:1℃-10℃
作業時間:10:00-16:00
餅つき
餅つき
「つき」より「こね」の作業の方が大事だという。今年初めてこの作業をやらせてもらう。重い杵を持ち腰を入れる。主催者のOさんは15歳からこの作業を始めたというだけあって様になっている。体重をかけながら米粒を潰していくのはなかなかの重労働だ。息が切れる。
草餅
2臼めはヨモギを入れて草餅。餡が欲しくなる。
帰宅後、ベランダでアズキを脱穀。
脱穀したアズキ
粒は揃っていないが虫食いは少ない。残り2/3は後日。明日は草餅に餡を絡めてみようか。

コメント

_ MK ― 2012/12/14 19:17

餅つき楽しそうですね!よもぎ餅美味しそうです^^
今週の選挙、よく考えて投票します!

_ T.S ― 2012/12/15 20:09

自然=天と地の恵みは素晴らしいですよ。工場生産のような野菜とは異なり、野菜そのもの味があります。まして、野草のヨモギは香り高く、自然農法によるもち米と相まって、これ以上の贅沢はないというほどの美味しさでした。キノコ採り名人のSさんの辛味大根で作ったからみ餅を頬張ると生きている喜びを感じます。またいつか、一緒に餅つきをしましょう。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://climaxgarden.asablo.jp/blog/2012/12/09/6655764/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。