出会い2010/06/01 21:18

"Whole Earth Catalog"(リンク一覧)と"Weeds Guardians of the Soil"(参考書)と「植物と人間」宮脇昭(NHKブックス)との出会いがなければ、"Climax Garden"という発想はなかった。
"Whole Earth Catalog"は新聞の書評欄で見つけたものを銀座のイエナ書店でやっとの思いで手に入た。その書籍案内欄に掲載されていた"Weeds Guardians of the Soil"始めとするする書物を何冊か丸善で注文し、手に入ったのがこの1冊だけだったのである
"weed"も"grass"も草には違いないのですが、"grass"は芝生に代表されるように、人間に有益な、あるいは、不快感を抱かせない「草」を意味し、"weed"はそれとは対照的な意味合いをもっている。「雑草」、生えているだけで邪魔な存在で、目の敵にされるのは洋の東西を問わないようだ。
しかし、"Weeds Guardians of the Soil"では、西欧の雑草=悪という先入観にとらわれていないアメリカ原住民の目から見た「雑草」と人間の関係が描かれていたように思う。
トウモロコシ畑やジャガイモ畑に雑草が生えていても目の敵にしない。むしろ、雑草によっては互いに助け合う関係がある、と主張しているのである。
現在ならば「コンパニオン・プランツ」とか「バンカー・プランツ」という言葉は農業者の間では広く知れているので、何ら目新しさはないが、およそ40年前、有吉佐和子の「複合汚染」、もっと古くはレイチェル・カーソンの「沈黙の春」などで農薬と環境問題が取り上げられ始めた頃には、雑草と作物の共生関係が大きく取り上げられることはなく、まったく新鮮だった。
一方、宮脇昭氏は神域の「鎮守の森」にこそ元々日本にあった植生がそのまま残される、「鎮守の森」に行けばその土地の原植生を見られる、と言う。
有史以来変わらない森は極相=安定群落を形成しているからこそ存在し続けている。シラカシ林を例にとれば、シラカシが頂点にいるのだが、シラカシが枯れてしまっても、シラカシは再生する。一方、シラカシ林の周辺部に生える草や潅木が失われてしまうと、シラカシ林は枯れてしまう、という。
自然界の人間にとって都合のよいものだけ残す、という農業や林業のあり方への警笛とも取れる内容のこれらの書物に触れたことで、農業への関心を深めていたものの40年間、農業とは疎遠になっていた。

やっと花芽がついた2010/06/01 23:32

イタリアからやって来たトマト、ボルゲーゼ(ドライ・トマト用)の花芽。
ボルゲーゼに花芽
本葉7枚になっても花芽が見えず心配でしたが、やっと小さな花芽がつきました。やはり気候風土の異なるイタリア産トマトは日本産トマトとは生育の仕方が多少異なるだろうか。近くの畑で他の種類のイタリア産トマトを栽培していた人によると、開花が少し遅かった、という。

今日の客2010/06/02 20:44

今日も畑にはたくさんの訪問客がありました。

キュウリの葉につくウリハムシ=ウリバエ。
キュウリとウリハムシ
キュウリの葉を覆っているのはワラ灰です。多少の効果はあるようです。群れをなしていたウリハムシの数は少し減っているようです。
ウリハムシ(拡大)
ウリハムシ
色や形がちょっと茶羽ゴキブリに似た感じもしますが、すべて手でつぶします。残骸を放置しても見せしめの効果はありません。

菜の花についたテントウムシ、いつでも歓迎です。
テントウムシ

黒豆が根元からバッサリ、放っておけません。
バッサリやられた黒豆
畝全体を捜索します。
ネキリムシ
いました、いました。ネキリムシ合計7匹を捕殺しました。

梅雨明けに備えて2010/06/02 21:07

あと2ヵ月もすれば、梅雨が明けることでしょう。エダマメやサトイモの水遣りに苦労しそうです。生活雑排水の多い用水は使いたくないので、雨水の確保が必要になります。
貯水槽として風呂桶を利用するのですが、水を無駄なく使うには工夫が必要です。

水道栓(右)とそれを水槽の底に取り付けるためのネジが切ってあるプラスチック製パイプ(左)。
水道栓
最初に、このプラスチック製パイプを風呂桶の底穴にパテで止めます。ゴミが水道栓に詰まらないよう、フィルターを取り付ける予定です。その取り付けのため、こちら側にもネジが切ってあるパイプを接着剤で止めます。フィルターといっても市販品は当てに出来ないので自作します。
水道栓取り付け用パイプ
パテが固まるまで水道栓の取り付けを待ちます。

ホーロー引きの風呂桶の底の錆を取り除くと、3箇所に大きな穴が開いていました。
風呂桶の穴
空洞が大きすぎて、防水用パテだけでは穴が埋まりません。
プラ板、廃物利用
包装に使われていたプラスチックを板状に切り出してパテの上に接着剤で貼り付けます。
穴の補修完了
水槽を傾けて、底に溜まっている水が漏れないか確認します。漏れていないようです。今日の作業はこれで完成とします。仕上げはパテや接着剤が乾く明日以降とします。

耕作面積について2010/06/03 19:20

660㎡の耕作地面積は家庭菜園としては十分過ぎる広さだろう。自家用の野菜だけを作るのなら150㎡もあれば足りそうだ。近隣にある市営など公営の菜園の広さはせいぜい50㎡のようだ。これで十分な人も多い一方で、借りることすら出来ない人も多いようだ。貸し出す農家が少ないことが背景にあるようだ。
座間の畑
退職してすぐにこれだけの農地を借りることが出来たのは幸運なことらしい。それでも、私にはこの広さは不十分に感じられる。農作物の多くの自給を試みたいからだ。
三田の畑
遊休農地対策データベース」によれば、私の住んでいる神奈川県だけで遊休農地が1703haあるらしい。10年以上前のデータを使ったものなので、現在の状況を正確に反映したものではない可能性はあるが、大変な広さである。農家の高齢化が進んでいるので、遊休農地の面積がむしろ増えている可能性が高い。
周囲では、家庭菜園をしたくても農地が見つからない、という声をよく聞く。このまま農地としての利用がない状態が続けば、荒廃した農地を回復させるのに大変な労力や費用がかかってしまうだろう。農地は国の大切な財産なのにどうしてだろうか?
日本の食料自給率39%は、経済協力開発機構(OECD)加盟国30カ国のなかで27番目の低さだそうだ。重大な問題である。
もし都市住民が穀類以外の野菜を、この遊休農地を利用して自給するようにしたら、一体自給率はどこまで上がるのだろうか。

ドイツにはクラインガルテン、ロシアにはダーチャがある。ヨーロッパには、この他の国々に同じような制度がある。いずれの国も第2次世界大戦直後、大変な食糧難を経験したためか、食料を自分で確保する、という意識が高いようだ。「ジャガイモの世界史」伊藤章治(中公新書)に詳しくある。
日本の戦後の食糧事情も厳しかったのに、長らく飽食に慣れ、食糧難の苦しさを忘れ去ってしまったようだ。
この本によると、クラインガルテンにしてもダーチャにしても最低500㎡の広さはあるようで、麦等の穀類以外はほとんど自給できているらしい。週末を過ごせる小屋なども備わっているのが普通だ。

日本史の研究家、林家辰三郎氏によれば、日本の歴史において、唯一市民として存在したのは京都の町衆だという。時の権力に頼らず、町衆自らの力によって「祇園祭」が千年以上も維持されてきたのだという。お上の力に頼らない自立した民衆こそが市民である条件、だという。
おそらく、市民としての意識の欠如が自覚されないと、社会に蓄積した多くの問題が解決されないのだろう。水戸黄門のような誰か立派な人物?の登場を、いつまで待ち続けるつもりなのか・・・