一旦人の手の入った畑はどうすれば自然に戻るのだろう2010/05/18 16:47

サトイモとヘアリベッチ
人の手の入った畑を放置しても自然に戻ることにならない、と福岡正信さんは言っている。どうすればよいのか。とりあえず、土壌内微生物がバランスの取れた共生関係にあることを目指します。
有機マルチしたサトイモ畑。マメ科のヘアリベッチの根粒菌の働きを期待して一緒に種を蒔きました。カラスのエンドウに似ています。
有機マルチの材料は近所の土手に生えていた犬麦を刈っておいたものです。

やっと黒豆が発芽した2010/05/21 17:08

黒豆の発芽
黒豆の発芽がほぼ揃ってきたのでベタ掛けシートを外しました。鳥害が少し心配です。どこかでこの様子を見ているはずです。発芽したばかりの双葉は鳥の好物のようです。
東屋の仕上げを急ぎたいのですが、農作業が優先です。ホウレンソウとダイコンの間引き、コマツナとルッコラの畝にトンネル掛けに草取りを終えてからになります。畑の観察も大事です。テントウムシの姿があちこちで見えます。アブラムシがどこかに侵入しているのでしょう。

水を確保できたのに・・・雨どいが間に合わない2010/05/22 17:30

明日の日曜日は雨の予報。今日は東屋の骨組みを完成させて農作業は明日の午前中に、と考えていましたが、予定を変更してニンジンとミニゴボウの種蒔き、トウモロコシの間引きを帰り際に済ませました。今日中に雨どいを完成させて風呂桶の水槽に水を貯めたかったのですが、雨どいの取り付け方法に迷っているうちに時間切れになってしまいました。 
ニンジン、ゴボウの播種

農作業とはいえ、「間引き」はいやだな・・・。できの悪いものはさっさと除外される。最近の世相によく似ている。
2番目の画像はトウモロコシの残骸です。 
間引かれたトウモロコシ

帰り際に振り返ると、4月からの大工仕事で完成間近の東屋が遠くに見えました。苦労が報われるようで、満足。雨の日でも作業ができます。
四阿を望む

種から育苗したトマトが成長したけど・・・2010/05/23 22:49

トマト(ボルゲーゼ)ドライトマト用
トマト(ボルゲーゼ)の苗
4月2日に種を播いたトマト「ボルゲーゼ」の苗が大きく育った。本葉も7枚目が開きましたが、花芽はまだ見えません。1番花の蕾がつけば、植え付けの時期となるのですが・・・狭いベランダをいつまでも占拠していられないほどに成長してきていいます。直径15cmのポット12鉢には少々手狭になってきました。いずれ育苗は東屋で、と考えています。スペースを気にしなくて済みます。 
トマト(ボルゲーゼ)の苗(拡大)
畑にはすでにフルーツトマトの「レッドオーレ」と大玉トマトの「麗夏」が植えてあるので、すべて植えつけるには8mほどの長さの畝には苗が多すぎるのかな・・・「ボルゲーゼ」は房のまま干して保存食にするところまで試してみるつもりです。東屋が役立ってくれそうです。

本長ナスの苗
同時に種を播いたナス「本長ナス」はトマトより低温に弱いらしく発芽が遅れた分,成長が遅い。本葉がやっと3枚。6月に植えつけて秋ナスにして楽しむつもりです。

今後の課題は、育苗用の床土を自分で用意することです。サカタの「スーパーミックスA」は評判どおりきめが細かく水はけがよく、雑草の種子が混じっていないので播種や育苗管理が楽でよいのですが、安易にお金で解決ではなく、工夫がしたいですね。考えて工夫することは農業の醍醐味ですから。

白いイチゴ2010/05/24 20:20

やがて赤いイチゴになる、と待っていても赤くならない。どうやら白いイチゴがあるらしい。甘く濃厚な香りが周囲に漂っている。熟したものを毎日2,3粒ずつ収穫しては砂糖漬けにしています。実が小さいので、火を通してジャムにできるのはいつのことやら・・・

ワイルドストロベリー